2017年11月22日

延命治療は勘弁してください!

延命治療は要らないと奥さんに言っています。
toubyou_enmei.png


意識不明の状態で回復の見込みがないという時になっても、人工呼吸器などで延命されるのは勘弁してもらいたい・・・と私は思っています。


延命治療で生きながらえたとしたら、それが数日間でも家族の心身の負担は計り知れないものがあるだろうと思います。

経済的な負担はどれくらいかと思うと心配になります。


延命治療は施さずに、家族がここまで・・と判断した時点であらゆる治療は停止して欲しいと願っています。

家族にとっては厳しい選択になると思うので、今から言っておきたいのです。


昔からいうじゃないですか。

「ぴん、ぴん、ころり」というのが家族の負担にならないって。


ちなみにNHKの番組では、90%以上の人が延命治療は望んでいないということです。

私は多数派ということになりそうです。

初めて多数派になって、なんかいい気分もします。



追伸

臓器移植もお願いしたいところですが、年齢的にもそうですし、不摂生もしているのでだめでしょうね。



posted by 田沼 at 04:55| Comment(2) | シニアのライフを考える | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年11月21日

道後温泉土産の箱がおもしろい

道後温泉というのは地域名を指すのではなくて、一つの温泉施設を指すということを知らない人が案外多いようです。

実は、私も実際に行くまではしらなかった部類です。


さて、その道後温泉に知人が行ったんだそうで、土産を買ってきてくれました。

こう言っちゃあ何ですが、中身はどこにでもある焼き菓子、クッキーです。


ちなみに、全国の観光地のお土産は何カ所かの専門メーカーが作っているんだそうです。

注文を受け、パッケージだけ変えて地方で販売しているらしいですよ。


話を元に戻すと、中身はタダのクッキーなんですが、パッケージになっている箱のデザインがおもしろいんです。

DSC_0021.JPG

道後温泉の建物の玄関正面と両側面、裏側、そして屋根をデザインしたイラストが描かれています。

DSC_0015.JPG
正面入り口


DSC_0019.JPG
右側面

DSC_0016.JPG
左側面


DSC_0017.JPG
裏側


DSC_0014.JPG
屋根


道後温泉を訪れた人なら、思わずクスリと笑ってしまう感じです。


なんとおもしろいパッケージを考えたのだろうと感心しました。




posted by 田沼 at 05:35| Comment(0) | 大人の遠足旅日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年11月20日

かかし祭りの帰りは温泉でゆっくり

久山町のかかし祭りを堪能した後は、久山温泉「夢屋」でひとっ風呂浴びることにしました。


ofuro_goemon_man.png何種類もの露天風呂を楽しめる温泉施設として、福岡市近隣の人々に人気があるようです。

普通の岩風呂から真珠風呂、ワイン風呂等々が段差のある敷地に10カ所ほどもあるでしょうか。

もちろん、サウナも完備です。


室内には、41.5度のちょっと熱めの大浴場と、ぬるめのバブル大浴場があって、好みに応じて温泉を楽しむことが出来ます。


風呂上がりにレストランで食事を取るもよし、休憩所(畳敷き)で寝るもよし。

廊下にも何カ所か椅子や机、ソファー、小上がりがあってゆっくり休めそうです。


2階中央の休憩所では、漫画や小説の書棚が設けられていて、好きな人は何時間でも読書で過ごせそうです。


onsen_ojiisan.pngタオルを持って行けば、大人が970円。

シャンプー、リンス、ボディソープは備え付けです。

970円は入場料です。

それで、風呂や休憩場等の施設を何度でも利用出来ます。

それほど高くはないと言えそうです。


追伸

夢屋のすぐ近くには、公営のオアシス篠栗があります。

300円でゆっくり湯に浸かって、大広間でゴロリと昼寝を楽しむことができます。

レストランのメニューも豊富ですのでお勧めです。





posted by 田沼 at 05:53| Comment(0) | 大人の遠足旅日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする