2017年01月29日

タイム・ラッシュ 天名探偵 真田省吾

作者は神永学。

【本の帯】

真田省吾、職業は探偵。

養護施設で育ち、元警視庁の敏腕刑事に拾われ事務所に住み込みで働いていた。

ある日、謎の美少女から奇妙な依頼が持ち込まれる。

「私の夢の中で殺される人を助けて」。

彼女は人の死を予見する能力を持ち、それが現実になる可能性、これまで100%。

この予知夢に法則はあるのか、そして運命は変えられるのか?

人気絶頂アクション・クライムミステリー!

【読書後記】

心霊探偵八雲シリーズの作者なんで、子どもっぽい作品かと誤解していました。

確かに主人公は元気のいい若者ではありますが、話全体は満足できるものでした。

神保裕一の作品に「奪取」というのがありましたが、主人公の雰囲気がなんとなく似ています。

クライムストーリーというんでしょうかね。

殺人事件が勃発して、どんどん話が展開していきます。

スピーディーな展開で、本を置きっぱなしにできなくなります。

夢中になってしまいます。

地下鉄の中で夢中に読んでいた時には、降りるべき駅を乗り越してしまいそうになりました。


事件解決までの限られた時間、人質救出、犯人探しの謎解き、過去の事件との関連等々。

もう!どんどん場面が移り変わるし、バイクと車の衝突はあるし。

今風の演出に、楽しさが倍増します。


登場人物も多彩です。

両親を目の前で射殺された経験を持つ主人公。

殺人事件の予知夢を見る可憐な少女。

麻薬に溺れた過去がある変装名人の美女探偵。

優秀な麻薬捜査官だった探偵事務所長。

等々が織りなすストーリーですから、面白くないわけが無いんです。



寒い冬の一日、暖かい部屋で一気呵成に読んでしまいました。

シリーズ化された理由が分かるというものです。

シリーズ第二弾を購入しましたので、またご紹介します。



posted by 田沼 at 08:40| Comment(0) | 読書のススメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

以前のブログです。よかったらご覧ください!
旧ブログへのバナー
http://yumetuusunsha.seesaa.net/