2017年04月20日

ボケ防止に一日数回着替え

現役時代は、休みともなればパジャマ代わりのジャージで一日を過ごしていました。

stand1_front07_ojisan.png最近は、一日に数回着替えることも珍しくはなくなりました。

ボケ防止の一環です。


朝は、パジャマ代わりのジャージを脱ぎ捨てて部屋着に着替えます。

冬場は、防寒用のふわふわズボンとフリースが多いですね。

最近は下着もアウターも軽くて暖かなものが多くなっています。

それで、下着も入れて2〜3枚の軽装で過ごします。


外出する時は、お出かけ用の服に着替えています。

ちょっと小洒落た薄手のダウンが暖かいですね。job_koumuten.png

軽いので、体もよく動きます。

ショッピングモールの中では、リュックの中にしまい込んでいます。

着ているものは、下着と合わせて大概2枚でしょうか。


菜園仕事などの作業をする時は、ジーパンと作業服。

作業着は薄〜い黄緑のやつで、次男からのお下がりです。

彼が内勤になって、数年は現場に出ないだろうからもらいました。


仕事に出る時は、カッターシャツにネクタイ。

定番です。


TPOに応じて一日に何度も着替えることはボケ防止になるとTVの健康講座で聞いたので、ただいま実践しているところです。

着替えることがボケ防止になるというより、パジャマやジャージで一日を過ごすことが危ないんだそうです。

そういう人は、TVの前を動かなかったり外に出ようとしなくなったりするんだそうです。

gorogoro_ojisan.png

まあ、卵が先か鶏が先かという問題でしょうがね。

少なくとも一日に何度も着替えると、それだけでわずかの運動になると思います。

何を着るかを考えるのが、脳トレにもなるかもしれません。

はいはい、こじつけです。

自分のやっていることを何でも意義付けしています。

少しは生活意欲の向上になればいいと思っています。






posted by 田沼 at 05:09| Comment(0) | シニアのライフを考える | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: