2017年06月20日

キャッシュカードで両替がタダになった

通帳から5000円を下ろして、しかも小銭で引き出そうと考えました。

寄り合いがあって、会費のお釣りに5百円玉と百円玉が必要だったんです。

ryougae_kozeni.pngATMで出金と両替が一緒にできると思ったんで、ATMのコーナーにいる銀行の人に聞いてみました。

答えはNO。

まずは通帳から5000円を下ろして、両替機で両替してくださいとのこと。

おっしゃる通りに5000円を下ろして、両替機の前まで行きました。

すると、機械の表示によれば、最低でも手数料で200円が必要だとか。

その200円が惜しくって、機械のモニターと睨めっこしてしまいました。

すると、後ろから「お分かりになりますか?」との声。

さっきの銀行員さんです。

機械に苦手な年寄りが困っているとでも思ったのでしょう。

「分かりますけど、手数料の200円が惜しいんです」と愚痴をこぼしたら「キャッシュカードがあれば1日に一回は手数料が要りません」とのお話です。

こりゃあいい情報です。

言われるままにキャッシュカードをスリットに差し込み、両替の内容を打ち込みました。

するとどうでしょう。

左端の 扉が開いてジャラジャラ。

まさに、5百円玉6個、百円玉が10個が出てきたではありませんか。

聞いていて良かったです。

危ういところで、200円を損するところでした。


聞くは一時の恥、聞かぬは一生の恥とはよく言ったものです。

銀行員さん、ありがとう。



posted by 田沼 at 04:56| Comment(0) | ゆる〜い絵日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月06日

お前 誰に言いようとか ご主人様ぞ

昼食がもう一つボリュームに欠けたもんで、バナナを食べたいと思いました。

いつも家にはバナナやリンゴがあるので、冷蔵庫の中を探しても見つかりません。

奥さんに聞きますと「仏壇に挙げているから、それを食べていいよ」とのお言葉。

mother_stop.png
座敷に行こうとすると、後を追うように放った言葉にムカッ!


「ちゃんと手を合わせて、いただきますと言ってもらってこなよ」

・・・・?

「お前、誰に言いようとか」と、ついつい反論。


「だって、お供えもんやけんね」


いや、そこじゃあないんですけどねえ。

孫に言い聞かせるような口調の問題なんですけどねえ。

私はご主人様なんですけどねえ。


butsudan.pngまあ、いいか。

私さえ我慢すれば家庭の平和は保たれるんだ。

そう思いながら「ハイ、ハイ」と答えて、バナナを頂きました。

昼食の不足分はこれで十分満足できた次第です。




ところで、佐木隆三の原作で「復讐するは我にあり」という小説がありましたよねえ。

映画では、緒形拳が主演していました。

鬼気迫る演技が素晴らしかったです。

特にあの眼。

忘れられません。


いえね、ただ思い出しただけですけどね。






posted by 田沼 at 05:11| Comment(2) | ゆる〜い絵日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月05日

大発見!イネ科の植物で花粉症

春の走りでもないのに、鼻水やハクションが激しくなってきました。

寝ていても鼻が詰まるもんで息ができません。

口で息をすると、今度は喉が痛くなります。

どうしたものかと困っていたら、その原因を大発見。

イネ科の植物の所為なんだと気づきました。



mask_kafun_man.png
というのも、近くに大きな農場があって、学校の運動場ほどの広さに牧草を植えているんです。

その種がフェンスの外にも落ちたんでしょう。

農場のフェンスの外にも牧草が1mほどの高さに生い茂っています。

これを見逃すはずはありません。

ふれあい菜園の畝に敷き詰めようと草刈り鎌で刈って集めました。


するともう大変。

鼻水が鼻の両穴から溢れ出し、ハクションが止まりません。

それでも我慢に我慢を重ねて、ふれあい農園の区画に敷き詰めました。

その時、細かい種のような、粉のようなものをいっぱいかぶってしまいました。

こりゃあ、いかんばい。

危険信号がパーコーパーコーと鳴り響いている感じです。


早々に帰宅して入浴。

しかし、その日の夜中がやっぱり大変でした。

鼻水もクションも止まりません。

口で息をしてたんでしょう。

喉はヒリヒリと痛みます。


もしかしたら・・・。

早朝にYahoo!で検索。

ピンポーン!

5月〜8月まではイネ科の植物が花粉を撒き散らす・・・というではありませんか。

農場の牧草はイネ科です。

学校の運動場くらいの広さに、それが生い茂っているんです。

花粉症が悪化しない方がおかしいでしょう。


そんなこととはつゆ知らずに引っ越してきた私が馬鹿でした。

以前は福岡市博多区に住んでいたんですが、花粉症の顕著な兆候はありませんでした。

ここに引っ越してきてからです。

あれから37年。

今頃になってやっと気がついたんです。

もうどうしようもありません。

翌日は気分まで悪くなったもんで、生まれて初めて薬局へ行きました。

花粉症対策の薬を買ったんです。

フェキソフェナジン系がいいそうです。

何の事だかわかりませんが、その薬が1500円もしたんです。

まあ、翌日には鼻水もハクションも軽減されたので、まずは良しとしましょう。




posted by 田沼 at 05:00| Comment(0) | ゆる〜い絵日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月29日

今時の運動会は真夏のキャンプ場みたいです

孫娘1号の運動会ということで、我が家は前日から大騒ぎ。

長男は朝早くから起きて、応援席の確保に並ぶと言います。

前日からの場所取りが禁止されているらしいのです。


朝早く、メールでいい場所が採れたとの知らせ。

えっちらおっちら大名出勤で小学校へ行ったらビックリポン。

運動場トラックの周り、学校の壁際、体育館周りがキャンプ場と化しているではないですか。


1495995991615.jpg
写真の右側に隣組合の共有テントがあり、個人用のテントを張っていい区画は決まっています。

1495995982847.jpg

小さな日よけ用のテントから、大きな野外活動用のテントまでがずらりと並んでいます。

その数は、ざっと数えても200を切ることはないでしょう。

色とりどりで実に美しい眺めです。

その光景がまるで夏のキャンプ場のようなんでビックリしました。


我が家の日よけ用テントは大きな木の下なんで、周りが日影になります。

涼しい風が吹き抜けますので、実に快適です。

5月と言えども、炎天下の運動場は厳しい暑さです。



昔は地域ごと、組合ごとのテントでご近所さんが肩を寄せ合って観戦したものです。

しかし、それはもう昔話。

今は個々にテントを張ってベースキャンプを確保するのが当たり前なんだそうです。

子どもの出番だけ撮影ポイントに行けばいいと長男は言います。


福岡市という大都会では、少子化で小学校の統廃合が進んでいると聞いていますが、我が町はその真逆です。

福岡市のベッドタウンとして年々人口が増加し、孫娘1号の小学校は1000人の子どもたちで溢れかえっています。

その親や祖父母が観戦に来るんですから、昔ながらのテントで収まりがつくはずがありません。

しかも、我が隣組合(自治体の最小単位)の共有テントの下も場所取りされていますので、20家族分のスペースしかないようです。

我が隣組合だけでも世帯数が500ほどありますので、一つの共有テントで観戦するのは土台無理な話です。


個人用のテントなら、ゴロンと横になって昼寝をむさぼることも出来そうです。

来年は孫娘1号の出番だけテントから抜け出すことにしましょう。

穴熊が巣から出て獲物を探すように・・・。



posted by 田沼 at 04:26| Comment(0) | ゆる〜い絵日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月23日

ショッピングモールで暇つぶし

いつものように奥さんの買い物のお供です。

昔の言葉を使うなら、アッシー君というところでしょうか。

奥さん曰く。

今日はショッピングモールを2時間ほど歩き回りたいとのこと。

とてもとても付き合えません。

当然、別行動です。


私はというと、例によって本屋さんをぶら〜りぶら〜り。

「定年後」とか「老後」とか「60歳」とかのキーワードが表題になった本を立ち読みです。

とはいっても、ちゃんと読む訳じゃあないんです。

目次、項目をさらさらと流します。

気に入ったら、少しアレンジして書き留めます。

ブログ記事の表題にするんです。

そんなことをしながら1時間。


次は、フードコートへ。

何か食べるには早すぎます。

一人で食べたりしようもんなら、奥さんに怒られます。


平日ですので、席は選び放題。

迷わず、長テーブルのコーナーへ。

駐車場が真下に広がるこの片隅は、読書するのにもってこいの場所なんです。


20170516_114052.jpg

冷水もタダで飲めますしね。

至れり尽くせりというところでしょうか。

図書館よりもゆっくりできそうです。

時にはドーナツやサンドイッチ、コーヒーを買って、食べながらの読書というのも乙なもんです。


飽きたら、館内を散歩します。

冷暖房が効いていますので、快適空間です。

全天候制の暇つぶし施設ということです。





posted by 田沼 at 04:24| Comment(0) | ゆる〜い絵日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月20日

高齢者に優しい銀行のサポート

銀行にお金を引き出しに行きました。

親睦サークルのお金なので、通帳に残るようにしています。



最近は、カウンターに行かなくてもATMでことが足りてしまいます。

小銭も出せるし、通帳をキャッシュカードのようにして使えるので大変便利です。

thumbnail_ojiisan.jpg


その日、私がATMのコーナーに入ったと同時くらいに、奥のドアから行員さんが出てきました。

ちょっと慌てた様子です。

持ち場を離れたので慌てたのかな?と思いながら順番を待っていました。


すると、1つのブースでトラブル発生です。

ご老人が言うには、振り込んでいるのに機械が反応しないんだそうです。

行員さんが近づいて行ったらすぐにトラブル解決です。

なんでも、振込に必要な現金をトレイに入れてなかったんだそうです。

な〜んだ。

そんなことか。



こんな事もあるから、行員さんがサポート体制を取っているのか。

ちょっと納得。

私の場合はなんのトラブルもなく現金を出せたもんで、よかった、よかったと胸をなでおろしました。


コーナーから出ようとして、はたと気がつきました。

5台ほど並んだATMには高齢者がずらりなんです。

ああ、これかあ。

だから、行員さんが慌ててサポート体制を取ったんですね。

どこかから、モニターで見ていたのかもしれません。

もしかしたら、振り込め詐欺を防止する目的があったのかもしれません。

ありがたいことです。



そういえば、半年ほど前に定期を下ろそうとしたら「定期を下ろす目的を教えてもらえますか」とアンケート調査みたいなことを聞かれました。

あれも振り込め詐欺の防止だったんじゃあないでしょうか。



posted by 田沼 at 06:18| Comment(0) | ゆる〜い絵日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月19日

病気自慢な二人がおもしろい

かつての同僚二人とぱったり会いました。

一人は3年先輩で一人は同期です。

二人ともすこぶる元気そうなんですが・・・・・。


kyuukyuusya_hansou.pngはじめの内は、近況報告から話が始まりました。

その内に、病気自慢のオンパレードです。

同期が救急車で運ばれたというエピソードは聞いていました。

運ばれた先の病院で全身を検査したら、あっともこっちも病気が見つかったそうです。

それを聞いた先輩は、自分も入院して・・・どうの、こうの。

道を歩きながら、大声で病気自慢です。

私はというと一歩後ろを歩きながら、笑いをこらえていました。


昔、こんな話を聞いたことがあります。

病院の待合コーナで、年寄りは病気の話題で盛り上がるという話です。

寄ると触ると年寄りの話題は病気自慢になるそうです。

いかに自分は病気に苦しんでいるかという話です。

他者よりも多くの病気を抱え込んでいる人が勝ちと言わんばかりの会話です。


かつての同僚の病気自慢を聞きながら、「もう、そんな歳なんだなあ」とつくづく思い知らされました。

この二人は、当分大丈夫でしょう。



posted by 田沼 at 06:08| Comment(0) | ゆる〜い絵日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月16日

60歳を超えて得したと思うこと

60歳を超えていい思いをすることがいくつもあります。

jiisann.png最も多くの恩恵を受けているのが、映画館です。

大人なら1800円か、何かの行事や割引デイでも1400円はします。

それが、シニアのカード会員になれば一回1000円で映画が見られるんです。

平日の自由席で、楽しく映画鑑賞ができるというものです。

しかも、しかもですよ。

このカードでは、6回映画を観ると1回分がタダになるんです。

数か月ごとにタダで映画を観ています。



ファミレスには時間制限のあるモーニングやランチのメニューがありますよね。

60歳以上は、いつ何時にファミレスを訪れても時間制限なく食べられるんです。

もちろん、ファミレスによりますので確認してくださいね。


町のガン検診は、無料の検診内容があります。

オプションを付けても総額で500円程度です。

毎年、検診のお知らせが来ますよね。

ありがたいことです。

今年から胃検診は、バリウムではなくって胃カメラもOKになるんだそうです。

内科医院と提携して、胃カメラ検診を町の予算でやってくれるんだそうです。


福祉バスにも、大手を振って乗ることができます。

タダの町内巡回バスです。

本当は誰でも大手を振って乗っていいんですが、私の気持ちの問題です。


まだまだありそうなので、生活を支える・・・なんて寂しいことを言わずに、儲け話を探すといった調子で探すと案外楽しいのではないでしょうか。

特典というやつを探してみましょう!

posted by 田沼 at 05:42| Comment(0) | ゆる〜い絵日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月15日

1時間半待って、3分の診察

いつものことながら、笑うしかない病院での話です。

持病があるもんで、毎月のように薬をもらいに通院しています。

日頃は午後5時以降や平日の朝早くに出かけるんです。

medical_byouin_machiaishitsu.pngしかし、土曜日の朝に急に思い立ったもので9時頃に病院に到着しました。

受付の順番は15番。

それほど遅い番号とも思えません。

しかし、これが大きな間違いでした。

受付を済ませた後、10分くらいで「田沼さん、血圧を測りましょうね」の声。

はいはい・・・と機嫌よく測定しました。

やっぱり診察までにあまり時間はかからないな。

そう思った私が浅はかでした。

それからが長かったんです。

文庫本で短編集を持って行ったんですが、2話を読み終えてもお声が掛かりません。

そうこうする内に眠くなってしまいました。

熟睡して体が傾いたのに気づいても、まだ1時間しか経っていません。

さらに待つこと30分。

ようやく「田沼さ〜ん」の声。

診察室に入って、先生と話すこと3分。

「じゃあ、いつも通りのお薬を出しておきますね」・・・チャンチャン。


結局、家を8時半に出て、帰宅したのが10時過ぎ。

文句を言うつもりなんかありません。

ハイ。

通院の時間を間違えた私が悪いんです。




posted by 田沼 at 07:14| Comment(0) | ゆる〜い絵日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月12日

そろそろ記事探しに出かけようか

リンクしているブロガーの記述に「発信するネタ作りの為に行動を起こす」というのがありました。

まさに、同感です。

job_kisya.png実は、私もそう考えています。

このブログの記事を書くために、町をぶらつこう、畑に行ってみよう、本を読んでみよう、行事に出てみよう・・等々の行動を起こしているんです。


現役の頃は、仕事に出れば誰かが「やること」を命令してくれました。

スケジュールも決めてくれました。

ルーチンで「やること」が決まっていることもあったし、臨機応変に対応することが向こうからやって来ることもありました。

時には、トラブルというありがたくないことにも遭遇してました。


しかし、定年後は自分が行動を起こさないと、一日中ボケーっとしているんです。

ただでさえ空白が多い頭の中が、完全に空っぽ状態になってしまうんです。

健康にもよくないはずですよね。


「ブログを書かなけれないけない」と思うと、記事を書くために行動を起こさざるを得なくなります。



夏の時期は、4時〜5時の間に起きだして、ネットで調べものをしたり本を読んだり。

5時になったら、ウオーキングや畑仕事に出かけたりしています。

みんなみんな記事探しのためなんです。


ブログが、行動を起こす動機付けの役を担っているということです。

孫遊びもそうだし、ショッピングモール散策もそう。

地域の各種イベント参加もブログのネタ探しと思って出かけています。

このブログを維持している限り、認知症へのお誘いも少し先に伸びることでしょう。


にほんブログ村

posted by 田沼 at 07:04| Comment(0) | ゆる〜い絵日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月10日

UPする記事がない時はただ逃げをかます

何か月かに一度、ブログにUPする記事がなくなる時があります。


私は基本的に10個ほどの記事をまとて書いて保存しておきます。

保存した中から、適当に選択して記事にUPしています。

追加の記事を書き、UPしては次の記事を加え・・・といった具合です。


しかし、色々と忙しかったり、近々に書く記事がなかったりが続くと、記事をUPするばかりになってしまいます。

すると、保存しておいた記事が当然なくなっていくということになります。

大事にためた貯金を使い果たしていくようなもんです。
computer_kurayami.png

でもって、苦肉の策として「記事がない」という記事が登場するわけです。

毎日を適当に送っているからこそ思いついた秘策です。

これが数か月おきの周期でやって来るというわけです。


以下はいい訳です。

今回は夏野菜の準備に忙しかったですもんねえ。

本を読んでも、長編なもんでなかなか進まなかったんです。

映画に行く暇がありませんでした。

当然、安近短の小旅行にも出かけていません。

TVを話題にしたくても、最近はあまり面白い番組がありません。

書くべき記事がなかったんです。


さあ、どうしよう。

明日は一回お休みにします。

「逃げをかます」んです。

今後の記事のUP計画を立て直す時間にします。

充電期間にするつもりです。

あくまでも、「つもり」です。

はい。



posted by 田沼 at 13:55| Comment(0) | ゆる〜い絵日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月09日

全員集合 私は木陰で読書と昼寝かな 

今日は連休の中日。

奥さんの一言で、家族全員が集合。

鶴の一声という奴です。


よく集合したがる家族です。

盆と正月はもちろん、誰かの誕生日とか記念日とか・・・。

今回は、新婚の三男夫婦が初参加となります。

無題.png

集合場所は、福岡市東区の海の中道公園。

福岡ドームの35倍の広さがあります。

最終的には施設が70倍まで広がるそうです。

プールや遊園地、動物園等々の施設があります。

ドーム球場よりも広い2つの芝生広場というのも魅力です。

海の家やいくつもの展望台を自転車で回るのもいいですね。

関連施設としては、水族館や高級ホテル等々がすぐ隣にあります。


詳しくは、下のマップをクリックしてください。

無題2.png

その広大な公園に、大人8人+孫5人が集合したわけです。

うるさいのなんのって…。


この日は、文句のつけようがないくらいの晴天日。

気温も28度まで上がったそうですが、日向は30度以上で熱中症が気になるところです。


大渋滞が予想されるのでJRを利用することにしました。

その目論見が的中して、道路は何キロにもおよぶ大渋滞です。

車が微動だにしない様子を、列車の中から眺めるのは悪魔的な喜びがあります。


西戸崎駅で下車して、巨大駐車場の上の長さ200mにも及ぶ歩道橋を渡ります。

ゲートまで向かう歩道橋なんですが、下には車がびっしりと並んでいます。


下の写真は朝一番に入場して、ゲートをくぐった先のシンメトリーな庭園です。

20170504_101010.jpg


この先にある子ども広場内のちびっこ広場が集合地点です。

沢山の遊具やアスレチック、岩登りが利用できるので孫たちにはパラダイスでしょう。

この周辺だけで100組以上のファミリーが集まっているのではないでしょうか。

20170504_143530.jpg

1時間ほど遊んで弁当を楽しんだら、皆は動物広場へ移動です。

小動物が飼われていて、実際に触れることができるので子どもには大人気です。


私はというと、荷物の番人。

ベースキャンプに寝転がって、文庫本(ビブリア古書堂事件手帖6)を読んでいます

海浜の松林の中ですので、時々松の花や小枝が落ちてきます。

近くでその小さな音がしfますが、これがまた風情があっていいもんです。


読書に飽きたら、スマホでYahoo!を観たり、YouTubeを観たり・・・。

その内に眠くなったので、そのまま1時間ほど寝てしまいました。


結局、この日の私の行動は木陰で弁当を食べて、昼寝をしただけのものとなりました。

こんな全員集合なら、いつでもOKです。





posted by 田沼 at 05:09| Comment(0) | ゆる〜い絵日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月07日

高齢者が新車を買ったら補償金を!

西日本新聞の記事です。


高齢者が運転をミスして病院に突っ込みますよね。

このことに関しての記事が載りました。

「高齢者は新車を買わない」そうなんです。

中古車を買うことが多いといいます。

衝突防止の新システムが搭載された中古車はまだまだ少ないということです。



car_driving_old_man.png
最近の新車はこのシステムが大体搭載されていますね。

あれがあれば、ブレーキとアクセルを踏み間違えても自動的にストップしてくれます。

私もあのシステムが欲しいんですが、先立つものがねえ・・・・・。


今乗っている車には、まだまだお世話になりたいですもん。

数年後の中古車には、新システムが搭載されているのでしょうか。




高齢者が新車を買ったら、新システム分の50万円を国が補償する・・・というのはどうでしょう。

そうなると、新車が買えるかもしれません。

今の世相では、高齢者から免許を取り上げようとする論調が多いですね。

しかし、統計によりますと18歳から30歳までの事故率は65歳以上のそれの3倍以上なんです。

高齢者だけを目の敵にするのはあんまりでしょう。

高齢者だけに責任を追及しても、それは理に適っていませんよね。


免許を返納すると、タクシー券を配っている自治体があります。

福祉バスの運行を密にしている自治体もあるそうです。

政治家の皆さん!

どうぞご検討ください。



ところで、完全な自動運転の登場まであとどのくらいなんでしょうかねえ。

アクセルとブレーキの踏み間違いなんて、ほぼゼロになるんじゃないでしょうか。

その車を高齢者が買ったら、100万円の補助が出るというのはいかがなものでしょう。


舎ですから、やっぱり車は必需品なんですね。

病院に行くにも、買い物に行くにも交通手段は車なんです。

あと15年は運転したいんです。

どうにかならんんでしょうか。



追伸

若者はあまり病院には行きません。

高齢者は日常茶飯事に病院に行きます。

だから、病院周辺での事故が多いんですよね。




posted by 田沼 at 06:19| Comment(0) | ゆる〜い絵日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月05日

推理小説 50年前の不倫話が現代に蘇る

ビブリア古書堂の事件手帖6。

作者は、三上延。

【本の帯】

空前の大ヒット、驚異のミリオンセラー! 待望の最新刊!!?

太宰治の『晩年』を奪うため、美しき女店主に危害を加えた青年。

ビブリア古書堂の二人の前に、彼が再び現れる。今度は依頼者として。

違う『晩年』を捜しているという奇妙な依頼。署名ではないのに、太宰自筆と分かる珍しい書きこみがあるらしい。

本を追ううちに、二人は驚くべき事実に辿り着く。

四十七年前にあった太宰の稀覯本を巡る盗難事件。

それには二人の祖父母が関わっていたのだ。

過去と現在、まるで再現されるかのような奇妙な巡り合わせに、薄気味悪さを感じる二人。

それは偶然か必然か?

深い謎の先にある真実とは?

【読書後記】

手塚治虫〜江戸川乱歩〜寺山修司と続いた本シリーズ。

今回は太宰治がテーマになっています。

太宰治の初期の作品、初版を探す過去旅に二人の主人公が向かいます。

過去の事件に登城する人々の記憶を探っていくうちに、少しづつ真実が見えてきます。

複数の証言を重ねて謎解きをするという手法は、「告白」や「地層捜査」に似ています。


太宰治という文芸界のスーパースターが若いころに自殺未遂や無軌道な人生があったことを本作品は描き出します。

過去を暴き出し、犯人を特定する推理小説であるはずなんですが、これまでのどの範疇にも属さないストーリー仕立てなんです。

だって、殺人事件も起きなければ、刑事も密室もトリックも登場しないんです。

出てくるのは、古書とそれに関係する人々の秘密です。

探偵役は、ビブリア古書店の若き女主人とその恋人。


毎回、あっと言わせるどんでん返しがあるんです。

今回は、主人公の恋人の祖母の不倫にまつわる事件を解き明かしていきます。

「祖母の不倫」は第一巻で登場するんですが、遠く第六巻で再登場となります。

50年ほど前に起こった盗難事件に、祖母の不倫が関係しているというんです。

ばあちゃんも、死んだ後になって孫たちに不倫を暴かれるなんて思いもよらなかったことでしょう。


このシリーズは、毎回毎回以前の巻に登場した人物や事件が重なり合っています。

一話完結にはなっていますが、全巻を続けて読まないと楽しさは半減するかもしれません。



以下は同じカテゴリの記事です↓
posted by 田沼 at 04:33| Comment(0) | ゆる〜い絵日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月03日

知人が離島へ転勤だって!

先週、知人が転勤した話を聞きました。

離島への転勤だそうです。

彼のことだから、めげることなんてないでしょう。


そう思って、早速ショートメール。

末尾に「一度お伺いします」と書いたら、すぐに返信メール。

「ぜひ来てください。釣竿を持って来ればポイントを教えます。ぜひですよ」

さすがの彼も人恋しいのか・・・。

fishing_boat.png
渡船のチェックをしました。

案外、便利じゃあないですか。

平日に行こうと思います。

当然、釣竿を持って。


釣り情報もチェックしました。

渡船乗り場の近くでいろんな魚が釣れているではないですか。

流石は離島です。

防波堤の突端や根元でチヌやアジ。

投げればヒラメも釣れそうです。

もしかしたら、船を出してくれるかも・・・。


こりゃあ楽しみになってきました。

朝から島に渡って、昼まで釣ることにしましょう。

彼が、きっと豪華な昼食をご馳走してくれるはずです。

・・・かな?




posted by 田沼 at 05:05| Comment(0) | ゆる〜い絵日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月01日

定年後の生活費 地方<東京

これから定年を迎えようとしている方々。

安心してください。

定年後の生活費はそれほどかかりませんよ。

まして、地方では…。


teinen_slowlife.png前にも書きましたが、「定年後、豊かに暮らすには38万円」というのは東京の話です。

地方の生活費はだいたいにおいて東京よりかかりません。

どこの試算なんでしょうね。

月に38万円もあったら、現役の通常生活が送れます。

少なくとも、私はそのアンケートに答えたことはありません。


東京とは1割前後の隔たりがあるんじゃないでしょうか。


家賃も若い世帯の4人家族なら、立派なアパートが6万円前後でしょう。

博多駅まで15分の場所でもです。

東京にそんなアパートはあるでしょうか。


東京は物価の水準が高いから、給料が地方よりも平均で高く設定されています。

その基準で、定年後の生活費を割り出されても困ってしまいます。

地方は遊び場も少なく素敵なお店も少ない分、お金を支出する先がないんです。


会社帰りにちょっと居酒屋へ・・・なんて考えるより家に帰って飲むのが地方です。

たまには、遊園地に行ったり、コンサートに行ったりもしますが、年に何回か行く程度です。

東京のように、毎日どこかでイベントがあっている訳ではありません。

やっぱり、お金の支出先が身近にないんです。


公園に行ったり、釣りに出かけたりで暇がつぶせます。

どの町にも生涯学習センターや体育館、図書館等の公共施設がありますので、わざわざお金をかけてまで暇つぶしをする必要はない訳です。



・・・で、結論です。

地方では、毎月38万円もいりません。

30万円もあれば、豊かな生活ができます。

ただし、借金なし、家は持ち家、大きな病気もなし、子どもは自立です。

人によっては20万円とか、15万円とか言う人もいます。

だから、これから定年を迎えよとしている方々、安心してください。




以下は同じカテゴリの記事です↓
posted by 田沼 at 05:19| Comment(0) | ゆる〜い絵日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月30日

早起きの季節になりました

随分と朝が早くなりました。

もう6時には外が明るくなっています。

それに伴って、気温もどんどん上昇しています。

time_man1_asa.png最低気温が15度を上回るんですから、おちおち布団の中にくすぶっとくのはもったいないです。


室内温が10度以下の時は、まだまだ躊躇したものです。

しかし、15度以上にもなるとそうもいきません。

早起き習慣の開始です。

6ケ月は続くでしょうか。


今はまだ室内で本を読んだり、ブログを書いたリ・・・。

その後、お湯を沸かして、味噌汁を作って・・・。



5月になったら、5時起きで菜園にも出かけますしょうか。

なにしろ、日中は熱いもんで。

30度前後になると、もういけません。

晴天の日は、体感温が35度以上になってしまいます。

命の危険さえ感じます。


早起きして菜園まで数分。

真夏でも空気が澄んでいて、とても気持ちのいい朝を感じることができます。

「早起きは三文の得」とはよく言ったものです。

もうすぐです。





posted by 田沼 at 05:34| Comment(3) | ゆる〜い絵日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月23日

身なりはキチッとしとかなよ!

「お父さん、身なりはいつもキチッとしかなよ!」

我が家の奥さんのご意見。


ojisan_kareisyu.png
髪が伸びたら早めに床屋へ行くように言われます。

髪がボウボウだと浮浪者のように見えるからだそうです。

不潔感もあるというのです

ひげもそうですね。


検診の時、狭いレントゲン車でそんなオジサンに逢ったら嫌で嫌で仕方がないんだそうです。

若い頃ならいざ知らず、不潔なオジサンはいただけないとのこと。

自分ではそうは思わないんですが、傍から見れば嫌われるんだそうです。

山里に一人暮らしするなら問題ないですけど、まだまだ仕事で若い人と接する機会も多いなら身ぎれいであるべきなんでしょう。


このことは、ボケ防止にも通じるという話を聞いたことがあります。

他人の目を意識することは第三者的な視点を持つことなんだといいます。

常に自分を振り返ることができる力を維持することがたいせつだそうです。

自分の考えを人に押し付けず、社会の中で生きていこうとする心を維持することができるということです。



E5A4ABE5A9A6-thumbnail2.jpgまあ、難しいことはよくわかりません。

せいぜい世間の人様に嫌われないようにはしようと思います。


追伸

今日、ショッピングモールの本屋で素敵なオジサンを見かけました。

綿パンにブルーのシャツ+スカーフに小粋な帽子。

年のころは60代後半。

カッコよかったです。





posted by 田沼 at 06:25| Comment(0) | ゆる〜い絵日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月17日

公園内でBBQができるんだって?

すぐ近くに周囲が5kmほどの大きさの公園があります。

福岡市に隣接する粕屋町の駕与丁(かよいちょう)公園。


生涯学習センターのドームが、高速道路からも見えています。

公園はそのすぐ横にあり、中心に東屋を配置した大きな池があります。

池の大橋を渡ると小高い丘があり、展望台やバラ園が広がります。

池の南側には野球場や多目的広場もあります。

さらにその横が小さな森になっていて、デイキャンプや子どもたちの遊び場として利用されています。


bbq.png
知人から聞いたところによると、この森でBBQができるんだそうです。

役場に届け、ルールさえ守ればOKという話です。

我が家の庭でやろうかと思っても、周りに家が建て込んできたのでどうしても遠慮しがちになります。

周りに人家がない公園でBBQができるのなら、なんの遠慮もいらないはずです。

家族が増えたもんで、庭では窮屈になりました。

さっそく今年のゴールデンウイークにでも家族を集めてやろうと思います。



posted by 田沼 at 05:58| Comment(0) | ゆる〜い絵日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月04日

出世した知人にメール

NB28_32.JPG現役の頃にお世話になった知人が出世したという噂。

責任の重い管理職。

女性でトップに立つんだから大変なことでしょう。

もう50も半ばに差し掛かった頃でしょうか。



退職以来、ずっとご無沙汰だったんです。

退職時にスマホに換え、番号も変えてそのままになっていました。

とってもいい人で、優秀な人でもありました。

随分と助けてももらいました。

そんな知人が出世したんですから、私自身が嬉しくてしかたありません。


いい機会だから、メールを一本。


「・・・・どうぞご自愛ください」

すぐに電話での返信。

嬉しそうで恥ずかしそうな声ですが、元気な様子でした。

メール一本で互いにホクホクした気分になれたようです。




posted by 田沼 at 06:16| Comment(1) | ゆる〜い絵日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
以前のブログです。よかったらご覧ください!
旧ブログへのバナー
http://yumetuusunsha.seesaa.net/