2017年04月23日

身なりはキチッとしとかなよ!

「お父さん、身なりはいつもキチッとしかなよ!」

我が家の奥さんのご意見。


ojisan_kareisyu.png
髪が伸びたら早めに床屋へ行くように言われます。

髪がボウボウだと浮浪者のように見えるからだそうです。

不潔感もあるというのです

ひげもそうですね。


検診の時、狭いレントゲン車でそんなオジサンに逢ったら嫌で嫌で仕方がないんだそうです。

若い頃ならいざ知らず、不潔なオジサンはいただけないとのこと。

自分ではそうは思わないんですが、傍から見れば嫌われるんだそうです。

山里に一人暮らしするなら問題ないですけど、まだまだ仕事で若い人と接する機会も多いなら身ぎれいであるべきなんでしょう。


このことは、ボケ防止にも通じるという話を聞いたことがあります。

他人の目を意識することは第三者的な視点を持つことなんだといいます。

常に自分を振り返ることができる力を維持することがたいせつだそうです。

自分の考えを人に押し付けず、社会の中で生きていこうとする心を維持することができるということです。



E5A4ABE5A9A6-thumbnail2.jpgまあ、難しいことはよくわかりません。

せいぜい世間の人様に嫌われないようにはしようと思います。


追伸

今日、ショッピングモールの本屋で素敵なオジサンを見かけました。

綿パンにブルーのシャツ+スカーフに小粋な帽子。

年のころは60代後半。

カッコよかったです。





posted by 田沼 at 06:25| Comment(0) | ゆる〜い絵日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月17日

公園内でBBQができるんだって?

すぐ近くに周囲が5kmほどの大きさの公園があります。

福岡市に隣接する粕屋町の駕与丁(かよいちょう)公園。


生涯学習センターのドームが、高速道路からも見えています。

公園はそのすぐ横にあり、中心に東屋を配置した大きな池があります。

池の大橋を渡ると小高い丘があり、展望台やバラ園が広がります。

池の南側には野球場や多目的広場もあります。

さらにその横が小さな森になっていて、デイキャンプや子どもたちの遊び場として利用されています。


bbq.png
知人から聞いたところによると、この森でBBQができるんだそうです。

役場に届け、ルールさえ守ればOKという話です。

我が家の庭でやろうかと思っても、周りに家が建て込んできたのでどうしても遠慮しがちになります。

周りに人家がない公園でBBQができるのなら、なんの遠慮もいらないはずです。

家族が増えたもんで、庭では窮屈になりました。

さっそく今年のゴールデンウイークにでも家族を集めてやろうと思います。



posted by 田沼 at 05:58| Comment(0) | ゆる〜い絵日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月04日

出世した知人にメール

NB28_32.JPG現役の頃にお世話になった知人が出世したという噂。

責任の重い管理職。

女性でトップに立つんだから大変なことでしょう。

もう50も半ばに差し掛かった頃でしょうか。



退職以来、ずっとご無沙汰だったんです。

退職時にスマホに換え、番号も変えてそのままになっていました。

とってもいい人で、優秀な人でもありました。

随分と助けてももらいました。

そんな知人が出世したんですから、私自身が嬉しくてしかたありません。


いい機会だから、メールを一本。


「・・・・どうぞご自愛ください」

すぐに電話での返信。

嬉しそうで恥ずかしそうな声ですが、元気な様子でした。

メール一本で互いにホクホクした気分になれたようです。




posted by 田沼 at 06:16| Comment(1) | ゆる〜い絵日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月03日

湯布院温泉 B級グルメの旅

湯布院へは、近場なんで1年に数回は行っています。

最近は、毎回テーマをもって行くようにしています。

今回のテーマは、「湯布院のB級グルメを味わう旅」です。


これまでも、金賞コロッケや湯布院蕎麦などを味わってきました。

今回初のB級グルメはとり天。

宮崎のから揚げは有名ですが、大分のとり天も捨てがたい一品です。


DSC_0039.JPG

湯の坪街道を東へ向かった真ん中辺。

アメリカンなショップでとり天をいただきました。

DSC_0040.JPG

濃い味なので、ビール片手に食べられたら最高でしょう。


定宿は、会員制ホテルの湯布院倶楽部。

会員制と言っても、勤め先の福祉施設としての利用です。

普段の夕食は安い外食で済ますんですけどね。

今日はホテルで夕食です。

なにしろ、今回のテーマが「湯布院のB級グルメを味わう旅」ですからねえ。

いくつかをスナップ撮影しました。

DSC_0084.JPG
DSC_0085.JPG
DSC_0087.JPG
DSC_0089.JPG

帰りの列車に乗り込む直前に湯布院バーガーを買い込みました。

湯布院倶楽部のすぐ横のアメリカンな屋台づくりです。

DSC_0093.JPG

佐世保バーガーもそうなんですが、中高年にはレギュラーサイズで十分です。

ボリューム満点のバーガーです。

DSC_0097.JPG

チェーン展開している有名な店では出せない味です。

肉汁とソースのバランスが抜群です。

すべての人を満足させてくれることでしょう。

店長さんも気のいい人で、バーガーの厚さを自慢気に話していました。

DSC_0094.JPG

この店は気まぐれに休んだりしますので、閉まっている時が多いです。

開店しているお店に出あったら、ラッキーと思ってください。

一度食べたら、癖になってしまいますのでご用心さい。





posted by 田沼 at 04:09| Comment(0) | ゆる〜い絵日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月01日

写真が多すぎて整理が…?

うちの奥さんは、スマホで片っ端から写真を撮っています。

息子たちから孫の写真もメールで貰っています。

それで、莫大な数の写真がスマホに入っているらしいです。

時々、ハードディスクに移しているようですが、多過ぎてどこに何が入っているのか分からないと言っています。

そんな話はよく聞くように思いますがいかがでしょう。


photo_omoide.png

これが私には理解できないんです。

どこかで写真を撮ったら、その日の内か数日中に必ず整理します。

というより、ブログに載せるか載せないかで判断をしています。

ブログに載せなかった写真は、そのまま削除ということになります。


数年前までは写真整理用のアプリを使っていたんですが、それも増えすぎて開くのが面倒になりました。

捨てていくのが最も簡単な整理の仕方だと決めているんです。



旅行に行っても数枚の写真さえあれば思い出は記録できます。

孫の写真は子どもたちが持っていますので、いつでも見られます。


かくして、私のスマホはなかなか容量が減らないのでありました。




posted by 田沼 at 06:38| Comment(2) | ゆる〜い絵日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月30日

「ゆふいんの森」号を楽しむ旅

近場ならだいたい車旅の私。

今回は、あえて列車旅を選びました。

今回のテーマは、「ゆふいんの森」号を楽しむ旅です。


10:00過ぎに博多発の「ゆふいんの森」号に乗車。

多くの人が列車の先頭に回って写真を撮っていました。

私もつられてちょいとばかりスナップ撮影。

DSC_0010.JPG


列車の入り口には、美しいアテンダント。

DSC_0012.JPG

全席指定席の列車なんですが、幸いに1号車の席をゲット。

先頭車です。

平日というのに、全席満員。

先ずは運転席をパチリ。

客席は展望用に少し高くなっていますので、運転席を見下ろす感じです。

DSC_0013.JPG

天井や壁の照明、そして金ピカの荷物棚がレトロ感いっぱいです。

走り出したら、入れ替わり立ち代わり美しい女性案内が登場。

DSC_0018.JPG

誰もがフラッシュを炊いて記念撮影。

この列車は特別なんです。

どこから、誰が、どんな向きにシャッターを切ろうが治外法権と言った感じです。

後部の客室から先頭列車に、乗客が写真を撮りに訪れます。

うるさいけど、まあいいか。

そんな気持ちにさせる特別列車です。


便利な車旅と違って、他の乗客の人々との連帯感が湧いてくるように感じます。

子どもが走り回ろうが、大人が感動の声を上げようが、それが楽しくもあるんです。。


皆の興奮が収まってから、展望デッキにお邪魔しました。

DSC_0024.JPG

すると、男の哀愁を醸し出している二人の若者。

当然、スナップ写真をパチリ。


途中駅でのアナウンスがまたシャレてます。

「みなさん、地元の人が手を振ってらっしゃいます」

DSC_0021.JPG

うれしくなったのか、奥さんも駅に停車中はずっと手を振っていました。


列車の旅も、案外いいものですね。

景色を眺めていると飽きないし、奥さんとの会話も弾みます。

あっという間に湯布院に着いてしまいました。


追伸

「ゆふいんの森」号という車両は、数台あるそうです。

湯布院からの帰りは新しい車両だったんですが、一番古い博多発の車両が私的にはお勧めです。




posted by 田沼 at 06:53| Comment(0) | ゆる〜い絵日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月28日

この時期は人事の話で盛り上がる

3月の下旬ともなると、人事の話で盛り上がりますよね。

誰々が昇進したとか、異動したとか・・・・。

teinen_man.png
ヘッドハンティングされて、定年前に退職する人がいるとか。

すごいですねえ。

彼は、優秀な人でいたもん。



親しい後輩の一人が転勤で近くにやって来るらしいです。

すぐに電話して、「再会を心待ちにしている」と伝えました。

快活で誠実な人です。



親しい後輩が定年を迎えるという話も話題になりました。

二人とも元気いっぱいで、定年後もフルタイムで働くんだそうです。

責任も重い管理職をやるというんですから、頭が下がります。


business_group_happy.png
そんな後輩たちに電話してみました。

一人は、照れくさそうに笑っていました。

退職金の優遇3ケ月定期のことを教えて、話を終えました。


もう一人は、血気盛んです。

4月1日の土曜日から働くことになっているらしいです。

今度の職場は、土日も営業するんだそうです。

週に2日の休みを他者と調整ながら決めるんだと言っていました。

新天地でこれまでの経験を生かせるんで、ウキウキしていることでしょう。


できるだけ怠けて生きていこうとしている私には、まぶしいばかりです。

せめてエールを送りたいと電話したのでした。


4月になったら、飲む機会があるかもしれません。

その時に、新しい職場のことを聞いてみたいものです。



posted by 田沼 at 05:51| Comment(0) | ゆる〜い絵日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月25日

今日から無給の春休み9日間

今日から4月初旬まで仕事がありません。

tabibito.png
バンザーイ!

春休みです。



仕事がないんですから、収入は当然0円ということになります。

つい2年前なら一大事です。

しかし、定年退職者の身ともなると、うれしい春休みということになります。

ブログのタイトルにもあるように「遊べる」9日間なんです。



本来「遊ぶ」というのは、何にも束縛されず自由に生活できることだそうです。

まさに、この9日間は「遊ぶ」日となります。


「ゆふいんの森」号に乗って、旅に出かけましょう。

町の大きな公園で、家族総出で桜見物ができますね。

どこかの立ち寄り湯でゆっくり温泉に浸かりましょう。

葉物野菜や玉ねぎの世話も何回かできそうです。

メバルを釣りに、海まで出かけてみましょうか。j


何をやってもいい9日間です。



posted by 田沼 at 06:33| Comment(0) | ゆる〜い絵日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月21日

晴天のマラソン観戦は気楽な暇つぶし

次男が参加する「さが桜マラソン」の観戦に出かけてみました。


今回は、会場が近いもんで日帰りということになりました。

朝の6時に出発します。

近くのコンビニで朝食と昼食を買い込んでいたら、それらしい親子や中年男性に出くわしました。

彼らもマラソンに参加するのかな?という親近感を持ってしまいました。


6時の高速道路は、異常に空いていました。

日頃は大宰府や鳥栖インター付近で渋滞するのですが、この時間帯は渋滞なしのノンストップです。

ふと気づいたら、速度計が120kmを示しているではないですか。

こりゃあ・・いかんと、アクセルから足を浮かせながらのドライブとなりました。


高速を降りて、大会会場の本部テント周辺に到着したのが7時半。

普段では考えられない所要時間でした。


次男を本部会場の真横で降ろして、私たち夫婦は15km地点へ。



ここで応援と観戦です。

マラソンコースは車両の通行規制が随分早くから行われますので、その間をかいくぐって応援ポイントまで達するのが腕の見せ所です。

15km地点、給水ポイントの溝上薬局久保泉店の横、福祉施設の近くの自然堤防に車を止めました。

P3190005.JPG

次男が15km地点まで来るには、まだまだ2時間があります。

なにしろ、スタートの1時間半前に着いたので時間はいっぱいです。

朝食をコンビニのサンドイッチで済ませた後、車から離れて付近を散策します。

これが、マラソン観戦の楽しみでもあるんです。


今日は素晴らしく晴れ上がって、暖かな風が吹いています。

花粉症を心配しながらのお散歩です。

金立地域を中心に、往復1時間の散策を終えてもまだ1時間の余裕があります。

給水所(30km地点)のボランチィアスタッフの様子を眺めたり、トイレの場所を探したり・・・。

1時間ほどぶらついて、15km地点で次男を待つこと40分。


P3190001.JPG

次男が走って来て、通り過ぎるまではアッという間です。

コースが重なっているので30km地点もすぐ近くです。

ボランチィアの人と話したり警備の人と話したり・・・。


1時間も待ったでしょうか。

やっぱり、次男が通り過ぎるのは一瞬でした。

「きつい」

という声を残して、走り過ぎて行きました。

観戦はここまで。

残るミッションは、彼が走った後にピックアップするのみ。


それまで1時間半もありますので、市内中心部に戻ってユメタウン内をうろちょろ。

新しくて大きなショッピングモールです。

日曜日ということもあって、店内はごった返しています。

天ぷらそばを食べたかったんですが、店の前には順番待ちの人の列です。

フードコートも人だかりで、空いた席もありません。

結局、イヨンのスーパーですしや総菜を買って車の中でゆっくり昼食。


昼食を終えた頃に、次男からのピックアップ要請。

ピックアップして、彼の自宅へ送り届けるまで約1時間でした。

渋滞のない時間帯の往復でしたので、疲れ知らずのマラソン観戦でした。

気楽な暇つぶしと言っても過言ではないでしょう。


夕食は、次男家族と近くの焼き肉屋で祝勝会です。




posted by 田沼 at 04:59| Comment(0) | ゆる〜い絵日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月18日

マラソンの観戦を工夫する楽しさ

sports_marathon_kyuusui.png
次男の頭の中には筋肉が詰まっているという感じがします。

中学〜高校と陸上をやっていて、大学ではアイスホッケーです。

ケガが絶えない大学生活でした。

就職してもしばらくは社会人チームでアイスホッケーをやっていたんですが、引退後は職場のサッカーチームに属しながらマラソンランナーとして冬場は過ごしています。


前置きが長くなりました。

その彼がマラソンを走る時、私たち夫婦は応援・観戦に出かけます。

その理由ですが・・・。

冬場はどうしても家に閉じこもりがちになるので、数年前から一念発起した次第です。

ただ応援したり観戦したりするのでは、楽しさも半減するだろうと思いました。

それで、遠方で開催されるマラソン大会には、前乗りして楽しむようにしています。

前日から泊りがけで行くんです。


コースの下見から始まり、温泉に浸かった後はご当地の名物をいただきます。

おいしい食べ物や地酒がいいですね。

事前にああでもない、こうでもないと思案するのがこれまた楽しい限りです。



大会の本部会場にはご当地の名産や企業PRのブースがあって、小さなパビリオンみたいです。

各ブースを冷やかして回るんです。

いいもんですよ。


応援に関しては、そのポイントを探すのが一つの楽しみになります。

どこで応援するかを考えるんです。

だいたい15km地点や30km地点が第一候補なんですが、駐車場やトイレの有無によって選択が難しくなります。

交通規制があるので、車でポイントに近づくのにも一苦労です。

冬日ともなれば、寒風の中をあっちへ行ったりこっちへ行ったり。

いい運動にもなります。


帰りにひとっ風呂浴びるのも、これまた楽しみになっています。


今回は「さが桜マラソン2017」に行ってきます。





posted by 田沼 at 06:06| Comment(1) | ゆる〜い絵日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月17日

地震予知のふしぎ発見

ラジオを聴いていて、長年の疑問がいっぺんに解けました。


namazu_bousai.pngよく聞く話ですが、ナマズを代表とするある種の動物は地震を前もって予知すると言われています。

また、地震が発生する時にはその山が青白く光るとか、雷が発生するという話を聞いたこともあります。

昔から言われていることなので、まったくのウソとは思いませんでした。

その理由について、地震の前触れに電磁波が発生するんだという話までは聞いたことがあります。

では、なぜ電磁波が発生するんでしょうか。


ここからが、ずっと残っていた疑問でした。

そのことについて、ピノポイントでラジオ番組で気象予報士のお姉さんが説明してくれました。


地震の為に地殻変動が起こると、地殻の中に安定して存在していた金属(マグネシウム等)が破壊されたり飛び出したりするんだそうです。

そこに、大量の+イオンが発生します。

その真上の空気中にはーイオンが集まって、その結果として電位差が生じるんだそうです。

すると、電磁波が発生したり、空気と反応して青色に光ったりするんだということです。


この微弱な電磁波を感じて危険を察知する能力の動物がいます。

ナマズが地震の発生を予知するというのは、電磁波を感じ、危険を察知して逃げ出そう思いバタついている様子なんだそうです。

いい勉強になりました。


今では京都大学を中心に、この電磁波の微弱なものでも捉えよういう研究が進んでします。

地震予知の研究がもっともっと進むことを願っています。





posted by 田沼 at 06:16| Comment(0) | ゆる〜い絵日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月16日

フォークソングの創始者はマイク真木?

これもラジオから得た知識。


フォークソングと言ったら、皆さんは誰を思い浮かべますか?

music_hikigatari_guitar.pngファンという立場から言わせてもらうと、私はやっぱり吉田拓郎でしょうか。

人間なんてやマークU、春の風が吹いていたら等々、青春の1ページを飾る曲ばかりです。


しかし、日本における創始者は?と聞いたら、やっぱり岡林信康の名前が思い浮かびます。

名前だけが出てきて、曲はまったく思い浮かばないんですけどね。


しかし、あるラジオ番組ではマイク真木「バラが咲いた」を挙げていたんです。

そりゃあ、ないよなあ。

と、怒り心頭で調べてみました。


例によって「疑問が出たらWikipedia」という訳です。


フォークソングというのは、もともと民謡や民俗音楽を指しますが、民謡から派生したポピュラーソングも含めます。

反戦歌などのプロテストソングも範疇に含まれるという話です。

狭義には、アコースティックギターやバンジョーなどを使用して歌う音楽ジャンルをフォークソングと言います。

そして、Wikipediaによると、1966年にマイク真木「バラが咲いた」がヒットしているようです。

同年に赤い風船、高石友也がデビューしています。

それ以降、小室等、フォーク・クルセダーズ、森山良子、岡林信康、はしだのりひこ、ビリーバンバン、井上陽水等が続きます。

われらが吉田拓郎は、1970年のデビューですのでむしろ新参者だったんですね。

いやいや若い力だったんでしょう。

その5年後、1975年にあの歴史的な出来事が起こります。

「つま恋コンサート」の開催です。

その時の「人間なんて」はYoutubeで何度観たことでしょう。



疑問がいっぺんに晴れて、スッキリしました。





posted by 田沼 at 06:32| Comment(0) | ゆる〜い絵日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月15日

100円引き券の効果は抜群

奥さんから「寿司を食べに行こう」という嬉しい提案。

普段は「もったいない」なんて言って、なかなか行こうとしないんです。


その理由が分かりました。

新聞のチラシに、回転ずしの割引券が入っていたのです。

20170314_164101.jpg

ブリの握りか味噌汁、三色団子、ケーキのどれか一皿がタダになるという割引券です。

一人一皿ですので、値引きは100円ということになります。

奥さんの英断というには、あまりにもみみっちい話です。

こんな罠に引っかかるのは我が家だけだろうと思いつつも、ひょいひょいと出かけていきました。



するとどうでしょう。

二軒並んだ回転ずし。

普段は隣の回転ずし屋にお客を取られっぱなしの店に、沢山の車が駐車しているではないですか。

店内には順番待ちをしているお客さんまでいます。

春ですけど「飛んで火にいる夏の虫」というところでしょうか。



私たち夫婦はカウンター席でいいというと、すぐに案内してもらえました。

その時がピーク寸前だったようです。

カウンター席もすぐに満席になり、帰る時には待合席が満席で立ち待ちの人も大勢出ていました。


恐るべきは、100円の割引券。

たかが100円、されど100円。

効果は絶大なんだということを勉強して帰った次第です。


結局、普段よりも余計に食べてしまいました。

まんまと罠にはまったということです。

損して得を取られました。





posted by 田沼 at 04:16| Comment(0) | ゆる〜い絵日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月14日

女芸人と呼ばれる人たちの豊かな才能

柳原可奈子という芸人さんがいますよね。

metabolic_running_woman.png
笑った顔が実にチャーミングな人です。

芸人さんの域を超えた感じさえする人です。

デビュー当時は、アパレル店員さんのものまねで人気を博しました。

最近は、ナレーションをやったりバラエティーのひな壇に座ったり・・・・。

長く人気が続きそうな資質を持っている人の様です。



次に注目しているのは、渡辺真美という芸人さんです。

全くのデブキャラでスタートしたんですが、今では世界に飛び出さんとするくらいの才能を開花させています。

台湾の出身だそうですね。

日本語も全くしゃべれないのに、一人で十代の若い頃に日本にやって来たそうです。

おそらく随分と苦労もしたんでしょう。

今では、俳優、コメディアン、トーク、レポート等々八面六臂の活躍ぶりです。

すごい才能だと思います。


最近、急に注目され出したのがブルゾンちえみ。

初めて見た時は、度肝を抜かれました。

新しい笑いですね。

ワッハッハというではなくって、クスクスと笑ってしまいそうです。

あのスタイルですから色っぽくはないはずなんですけど、どうしても注目してしまいます。

同じネタなんですけど、何度も観てみたいです。

おそらくこれも才能なんでしょう。

新しい芸を作り上げたことに乾杯したいと思います。

イケメンの男性二人を引き連れて・・・というのも、若い女性たちの共感を呼んでいるのでしょう。



彼女たちの躍進を願うばかりです。





posted by 田沼 at 05:40| Comment(0) | ゆる〜い絵日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月13日

なんと便利なネット宅配

次男がさが桜マラソンに出場するのに、新しいシューズを買いたいとやって来ました。


スマホでは画面が小さいので、うちのパソコンを使ってネット市場を探したいらしいのです。

takuhai_konbini_uketori.png
欲しいシューズのメーカーは決まっているので、あとは価格をネットショップごとに比べるとのこと。

もともとネット通販は安いのが定番ですが、楽天やアマゾン等々検索したらサイトによって数千円の差があったようです。

定評のあるシューズメーカーですので、安く買う方がいいに決まっています。


パソコンを操作しだしてものの5分で注文。


品物が届いたのが翌々日のことでした。

これには驚きました。

金曜日の夜に注文したものが日曜日の朝には届くんですから、便利な世の中になったものです。

ありがたい限りです。


それと同時に、宅配業者さんの負担に関するニュースのことを考えてしまいました。

時間指定や再配達の問題です。

ネット通販が伸びたことに伴って、実際に宅配する人たちの負担が増しているというニュースです。


あるテレビレポートでは、実際に宅配を行っている人の基本給は15万円前後で、荷物一個を一回宅配して歩合は20円ということでした。

再度の宅配は一回まで歩合がつきますが、再々宅配以降の歩合はつかないそうです。

時間指定しているのに何度も宅配しねければいけないケースが多く、食事時間もまともに取れない日があると言います。

受け持ち区域で随分と様子が違うようですが、離職率が高いという話も聞きました。

宅配を頼んだ側にすると、急な仕事で帰れないことってよくありますね。

コンビニで受け取ることができる人はいいですが、高齢者やコンビニが近くにない人には難しい相談です。


じゃあ、どうしたらいいかという明暗はありませんが、自分にできることをやろうと思います。

自分はコンビニで受け取りができますし、指定時間には必ず在宅しようと思います。



そして、宅配業者さんへの感謝の気持ちは忘れないようにしたいとも思った今日この頃です。



posted by 田沼 at 06:29| Comment(2) | ゆる〜い絵日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月11日

大丈夫 金づるだから離婚しない

これは、うちの奥さんの名言です。

rikon_todoke.png
久々に聞きました。


共通の知人の話をした時のことです。

彼は20年ほど前に離婚して、その後はずっと一人で生活しています。

ハンサムで能楽などもたしなむ彼ですが、再婚もせずに65歳を迎えます。

最近は引きこもり状態のようで、周りの人との交流を避けているようです。


そんな彼の近況について夫婦で話している時の夫婦の会話です。

私「やっぱり最後は連れ合いが大切やねえ。離婚せんどこうね」

奥さん「そうねえ」

私「これからも仲良くやりましょう」

奥さん「大丈夫、お父さんは金づるやけん、離婚はせんよ」

私「金がなくなったら、どうするとや」

奥さん「金の切れ目は縁の切れ目っていうやない」

私「なんや、それは」

奥さん「だってえ、年金ももっと貰わなね。ワッハッハ」


なんと恐ろしいことでしょう。

密室殺人、アリバイ工作、完全犯罪・・・。

そんな言葉が目の前をよぎった朝でした。



posted by 田沼 at 05:25| Comment(2) | ゆる〜い絵日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月10日

タイツがいらない冬

今年の冬は、ほとんどタイツを履かなかったように思います。


子どもの頃から寒がりだったもんで、冬のタイツは欠かせないアイテムでした。

もっとも、昔はパッチとかズボン下とか言ってましたけどね。


今年は随分と暖かかったからでしょうか。

数える程しか履いていないんです。

不思議なことです。
fashion_boukan_hadagi_man.png

「タイツを履かない自由」を味わった冬とも言えます。

体が自由に動きますものね。



そういう意味で言えば、タイツだけではありません。

セーターやベストも着ない冬でした。

どこに出かけるにも、下着とシャツとダウンの3枚を基本とした毎日でした。



そんな恰好で生活できたのには、いろんな要因があるように思います。

ヒートテックに代表されるように、暖かい下着が開発されたことも一因になっているでしょう。

空調設備のある施設をうまく利用しているからかもしれません。

定年したので、寒風の中や低温の室内を仕事でうろつくことがなくなったということもあるでしょう。

もしかしたら、ストレス三昧の毎日から解放されたもんで、心も体も健康になったからかもしれません。


何が原因かはわかりませんが、次にやってくる冬も暖かく過ごしたいものです。




posted by 田沼 at 05:12| Comment(0) | ゆる〜い絵日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月08日

夏野菜の育苗 始めました

毎年、夏野菜はホームセンターでポット植えの苗を買っていました。

「そうするものだ」と何の疑問も抱きませんでした。

苗代が随分とかかっていましたが、やっぱりどうにもならないと思っていました。

種で買った場合、袋の中にたくさん種が入っているので撒き残りが勿体無いようにも感じていました。

秋冬用の葉物野菜は、種から育てていたんですけどね。

20170306_125814.jpg

正月、一年の計は元旦にありということで、今年は夏野菜も種から育ててみようと決心したんです。

その種を入手しようと出かけたのがKOMERIのパワー。

昨年オープンしたばかりの綺麗なお店です。

さすがにKOMERIなんで、菜園コーナーは充実しています。

担当のおばちゃんたちは全くの素人なんで、野菜の育て方について相談しても私の方が詳しいくらいです。

それでも、気のいいおばちゃんたちですので、足を遠ざける要因にはなりません。

こっちが勉強していけばいいだけの話です。


今回は、トマトやナス、ピーマン、ししとうを買ってきました。

「甘い実がなる」とか「病気に強い」とかのキャッチコピーが袋の表面にパッケージされています。

植え時や品種の説明を確認するのも大事なことです。

畝の具合なんかを思い浮かべながら選んでいると、楽しい時間があっという間に過ぎていきます。

早速、次の休みに育苗を開始しましょう。



以下は同じカテゴリの記事です↓
posted by 田沼 at 04:50| Comment(0) | ゆる〜い絵日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月07日

軽スポーツ大会に参加した

知人Aさんのお誘い?があったもんで、町の主催の軽スポーツ大会に参加しました。

やったことがないから・・・と、しり込みしたんですが、「誰でもすぐにできるんだから・・」となかば強引にメンバーにされてしまったのです。


20170305_102919.jpg



せっかくの休みの日曜日。

朝からボチボチと出かけていきました。

すると、町の体育館には子どもから高齢者までがたくさん集まっています。


20170305_100958.jpg

私が参加させられたのはシャッフルボードという競技。

なにやら名前は立派なんですが、カーリングを極端にアレンジしたゲームの様子です。

10mほど先の得点圏に、パットを滑らせる競技です。

2チームが交互にパットを滑らせますので、得点外にはじかれてしまうこともあります。

そう、スポーツというよりゲーム感覚なんですね。

まだまだ体力に自信のある私にとっては、疑問符が頭の上に?????。


それでも始めると、これが案外楽しいんです。

得点圏にパットを集めるのが案外難しいです。

ちょっと力任せにやると、コース外に出てしまいます。

逆に力が弱すぎると、得点圏に入りません。

また、対戦チームが滑らせたパットが味方チームのパットをはじきますので、その具合によっては得点が0になったりマイナスが付いたりします。

技術や力よりも偶然性に起因することが多いゲームです。


両チームともに、プレイごとに拍手したり笑ったり。

得点した自分のパットがはじかれても笑いが起きてしまいます。

互いに湧き合い合いとした雰囲気の中でゲームが進みますので、攻撃的な言葉は一切ありません。

むしろ、各プレイヤーへの称賛の拍手ばかりです。



20170305_102829.jpg

会場の競技はシャッフルボードとは別にスカットボール(ゲートボール形式で9つの穴に入れるゲーム)いうのもあって、会場は随分と盛り上がっていました。

高齢者チームの成績が良かったという点がうれしい限りです。

互いに褒め合い、笑い合い、交流することが健康につながるうんでしょう。






posted by 田沼 at 06:36| Comment(0) | ゆる〜い絵日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月06日

やっぱりスマホは便利なアイテム

今や若者の100%がスマホを持っているようですね。

電車やバスの中で、一心にスマホをやっている若者を見かけます。

sns_happy.png
「みっともない」、な〜んて言いたくなりますよね。


しかし、ちょっと待ってください。

あれって、中高年でも便利なアイテムなんです。


今日のニュースをいち早く検索することができます。

天気予報を見て、お出かけ具合を検討することが出来ます。

博多駅から長崎行きが何時に出て、料金がいくらなんていうのもたちどころに分かってしまいます。

道に迷ったら、自分の居場所を教えてくれます。

将来、開会するようになれば家族が居場所を確認できます。

日本語を英語にできるというアプリもありますね。

分からない言葉を調べることが出来ますので、手元にいつも辞書があるようなもんです。

ブログの書き込みも出来てしまいます。

YouTubeだってどこにいても楽しめます。



便利です。

使い出したら、もう手放せません。

うちの奥さんも昨年から使ってるんですがね。

あれほど「いらない、いらない」と言っていたんですが、今では三人息子やその嫁さんとメールで話すのが日課になっています。

写真も当然撮れますので、皆とやり取りしているようです。

自動車保険の切り替えや、JRのキップもネット予約でしています。


私よりも使いこなしている感じです
J:comで何もかもコミコミで契約していますので、毎月の使用量も格安です。

何度も言いますが、スマホは中高年にとっても便利なアイテムに間違いありません。





posted by 田沼 at 05:05| Comment(0) | ゆる〜い絵日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
以前のブログです。よかったらご覧ください!
旧ブログへのバナー
http://yumetuusunsha.seesaa.net/