2018年06月19日

(本)猫に知られることなかれ 深町秋生

【本の帯】

終戦後の混乱と貧困が続く日本。

凄腕のスパイハンターだった永倉一馬は、池袋のヤクザの用心棒をしていたが、陸軍中野学校出身の藤江忠吾にスカウトされ、戦後の混乱と謀略が渦巻く闘いへ再び、身を投じるー。

吉田茂の右腕だった緒方竹虎が、日本の再独立と復興のため、国際謀略戦に対抗するべく設立した秘密機関「CAT」とその男たちの知られざる戦後の暗闘を、俊英・深町秋生が描く、傑作スパイアクション!

【読書後記】

史実を織り交ぜながら、終戦直後の日本を描いた作品です。

Wikipediaで人物や組織を調べもながらの読書となりました。

かつて、国鉄の下山総裁殺人事件をあつかった小説を読んだことがありましたが、同じような読み方をしていたことを思い出しました。


元憲兵隊や陸軍中野学校の出身者を集めて作った諜報組織CAT。

再軍備を狙う軍属、暗躍するGHQの右派と左派、ヤクザや愚連隊、戦勝国のアジア人が入り乱れての物語です。

戦後の混乱やもの悲しさがひしひしと伝わってくる作品でもありました。


決して、派手なスパイものではなくて、むしろ地味な捜査の繰り返しといった感じがします。

スパイものとして読んらガッカリするかもしれません。

緒方竹虎や吉田茂といった政治家も登場します。

彼らが何を考えながら戦後を戦ったのか。


いや〜!

勉強になりました。



以下は同じカテゴリの記事です↓
posted by 田沼 at 05:55| Comment(0) | 読書のススメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年06月14日

(本)アウトクラッシュ 組織犯罪対策課八神瑛子2

作者は深町秋生(フカマチアキオ)。

2004年に、「果てしなき渇き」で第3回「このミステリーがすごい!」大賞を受賞しています。


【本の帯】

警視庁上野署の八神瑛子。

容姿端麗ながら暴力も癒着も躊躇わない激裂な捜査で犯人を挙げてきた。

そんな彼女に、中米の麻薬組織に狙われる男を守ってくれ、という依頼が入る。

男を追うのは残虐な手口で世界中の要人や警官を葬ってきた暗殺者。

危険すぎる刺客と瑛子はたった一人で闘いを始める…。

爆風を巻き起こす、炎熱の警察小説シリーズ第二弾。


【読書後記】

久々に一気呵成に読んでしまいました。

図書館から借りてきたんですけどね。

第一弾はドラマ化されて、ドクターXの米倉涼子が主役を演じています。


彼女が主役を演じるんですから、主人公は気が強くめちゃくちゃな捜査をする女性刑事です。

ヤクザを利用したり、警察内部の人間を脅したり・・・。

もう、やりたい放題です。


本書では、殺しのプロが相手です。

中南米の麻薬カルテルを裏切って、日本に逃げ込んだ人物を追ってやってきたのです。

それを迎え撃つのが関東ヤクザの武闘集団。

主人公は彼らと組んで、殺し屋を迎え撃とうとします。


山奥の飯場で展開する殺戮の数々。

命からがら逃げ延びた主人公とターゲット。

猟犬のように迫りくる殺し屋。


最後の決戦が圧巻でした。

主人公が決戦の場に選んだのは、今は営業を停止したラブホテル。

乱れ飛ぶ弾丸、仕掛けられた罠、燃え上がる炎・・・。


殺し屋との激闘と主人公の夫殺しの事件が交差しながら展開するアクション大作です。

第三弾が完結編のようですが、図書館では貸し出し中とのこと。

私と同じようにこの物語を追っている人が居るんですね。

予約しましたので、次回はきっと借りることができるでしょう。




にほんブログ村
posted by 田沼 at 05:11| Comment(0) | 読書のススメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年04月21日

20年前の名作「川の深さは」 福井晴敏 著

本棚を整理していて、懐かしい本を偶然見つけました。

「川の深さは」 福井晴敏の作品です。

作者の20年前の処女作です。

Twelve Y. O.(江戸川乱歩賞)や亡国のイージス(日本推理作家協会賞、日本冒険小説協会大賞、大藪春彦賞及び映画化)と三部作になっています。

【本の帯】

命をかけて守るべき人が君にはいるだろうか。

「彼女を守る。それがおれの任務だ」傷だらけで、追手から逃げ延びてきた少年。

彼の中に忘れていた熱いたぎりを見た元警官は、少年を匿(かくま)い、底なしの川に引き込まれてゆく。

やがて浮かび上がる敵の正体。風化しかけた地下鉄テロ事件の真相が教える、この国の暗部とは。

出版界の話題を独占した必涙の処女作。


【読書後記】

かつて「レッドオ・クトーバーを追え」という名作がありました。

ペンタゴンの中でCIAの分析官として働く主人公が掴んだ小さな情報。

この情報が、あわや第三次世界大戦勃発の前夜まで発展するというストーリー展開でした。


本編「川の深さは」が、まさにそんな展開を示すストーリー仕立てでした。

警察を追われて、しがない警備員生活を送る主人公。

警備員が「しがない」のではなくって、この元警察官が「しがない」のです。

いい加減に警備業務を行って、安酒に明け暮れる毎日。

楽しみといえば、明け番に一日中やっているパチンコ。

元は警視庁暴力団対策部のエース。


その警備員が今勤務するビルの配電室に逃げ込んだ若い男女。

男は血だらけで、瀕死の重傷です。

女は、美しさが想像はできるが全身傷だらけの状態です。


この二人との出会いが男の運命を大きく変えていきます。

ヤクザが絡んだ暴力事件から、日本の情報部やCIA、ソ連(当時)情報部等々を巻き込んで話が大きく発展していきます。

心湧き踊るといった展開で、ワクワクしてしまいます。


山里の小川のメダカを調べていたら、国を揺るがす謀略に行き着いた・・・的なストーリーに発展する訳です。

まさに「レッド・オクトーバーを追え」に匹敵する展開です。

しかも、このストーリーは次作の「Twelve Y. O.」から「亡国のイージス」まで続くんですから・・・・。


本作品はどんなジャンルに入れればいいんでしょう。

アクション・・・ううん、確かにその通りです。

ミステリー・・・謎がだんだんと解き明かされていきますもんね。

それでも、やっぱり冒険小説というのが最もしっくりくるかもしれません。

日本的に言えば、大河ドラマというところでしょうか。

小さな視点から始まり、日本を揺るがす大陰謀を阻止するという終末です。

主人公とその仲間があらゆる困難を乗り越えて、困難を克服するんです。


20年前に読んだはずなのに、ストーリーは全く忘れていました。

それでよかったと思います。

だって、ワクワク、ドキドキの連続なんですもの。

あらためて、作者の筆力を感じているところです。




posted by 田沼 at 05:10| Comment(0) | 読書のススメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年04月04日

影の中の影 月村了衛 著

【本の帯】

血も凍る暴虐に見舞われた故郷から秘密を抱えて脱出したウィグル人亡命団と、彼らを取材中のジャ -ナリスト仁科曜子が、白昼の東京で襲撃された。

中国による亡命団抹殺の謀略だ。

しかし警察は一切動かない。

絶体絶命の状況下、謎の男が救いの手を差しのべる。

怜悧な頭脳と最強の格闘技術をそなえた彼の名は、景村瞬一。

冒険小説の荒ぶる魂がいま甦る。

疾風怒濤のノンストップ・アクション。

【読書後記】

絶対的なアクション小説でした。

物語の後半は、高級マンションの37〜38階、ペンハウスを中心に繰り広げられる中国特殊部隊と主人公との殺戮のオンパレードでした。

主人公を助けるのは日本最大の暴力団矢部組の武闘派精鋭部隊。

守るは、中国ウルグアイ地区からの亡命者たち。

そのウルグアイ人たちを執拗に狙う中国の特殊部隊が不気味でした。


必殺仕掛人と仕事人の混成部隊の様でした。

特殊な武器で次々にヤクザの武闘派精鋭部隊を殲滅していきます。

それ以上に強いのが、主人公です。

ロシアの武闘術と日本の抜刀術を身に着けたスーパーマンですから、強いのなんのって。


残念なのは、その主人公が簡単に自分の過去を語るところです。

殺しのプロになった経緯を、スラスラと話すんです。

かつては真面目なキャリア警察官だったこと。

犯罪組織の罠にはまって、婚約者を殺されたこと等々。

お涙頂戴の三文小説風でもありました。

同じ作者の「櫂」という小説に出てくる女性工作員の正体は、最後まで謎のままだったんですけどね。

これがなかったら、最高のアクション小説としてご紹介できたんです。

残念です。







posted by 田沼 at 06:00| Comment(0) | 読書のススメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年03月23日

警視庁文書捜査官 麻見和史

【本の帯】

右手首のない遺体が発見された。現場に残されたのは、レシート裏のメモと不可解なアルファベットカード。

「捜査一課文書解読班」班長で極度の文字マニア、鳴海理沙警部補に、出動要請が下る。

遺留品のメモから身許を特定した理沙は、被害者宅にあった文章から第二の殺人現場を発見。

そこには、またもアルファベットカードが残されていた。

共に見つかった手描きの地図が示す所を探すとー。

理沙の推理と閃きが、事件を解決に導く!

【読書後記】

本の帯に「右手首のない遺体」なんて書いてあるので、おどろおどろしいサスペンス物かとおもいきや、実に軽快な読み物でした。

会話文が多く、特に社会派な問題提起も無く、格別な密室も無く・・といった具合です。

犯人が残した文章や言葉から手がかりをつかむのが主人公の役割です。

しかし、あんまりそんなシーンは出てきませんでした。

捜査一課の面々の姿も無く、主人公の女子警部補とその助手だけで、どんどん犯人に迫ります。

TVのサスペンスドラマにありがちなストーリーです。

登場人物が多いというか、人間関係が複雑というか・・・。

人物の所属と指名をメモらないと、誰が誰だかわからなくなってきます。

まるで、楽しいサスペンスドラマの脚本を読んでいるような気分でした。

主人公は、若干脳天気なところがあるというのも最近のキャラ設定によくあるパターンです。

さしずめ、綾瀬はるかや長澤まさみ、蒼井優などをキャスティングすれば、人気の映画が出来上がるんじゃないでしょうか。

博多から東京までの新幹線の中で癒やしの時をつくるのに適した作品と思います。



posted by 田沼 at 10:05| Comment(0) | 読書のススメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年03月06日

紙の城 本城雅人(ホンジョウマサト)著

【本の帯】

東洋新聞はIT企業からの買収宣告を受けた。

経営権が移れば、記事はウェブファーストに移行し、宅配数の少ない営業所は閉鎖。

海外特派員制度もなくなる。

そのIT企業の会長を裏で操る権藤は、かつて東洋新聞にいた記者だった。

社会部デスクの安芸は、パソコン音痴で、飲み会の店も足で探す。

斜陽産業で魂を懸けて働く安芸たちは、徹底抗戦を決意する。

だが時代の流れは止められない。

記者魂を懸けた最後の攻防戦がいま始まる。

『ミッドナイト・ジャーナル』の著者による一気読みエンターテイメント。

【読書後記】

前に読んだ作品、スクープを追う社会部記者の活躍と誘拐事件を絡ませた『ミッドナイト・ジャーナル』が、あまりにも面白かったので本書を買いました。

この賭けは大当たりでした。


今回は、企業買収という経済行為を挟んで、社会部記者とIT企業との攻防を描いています。

敵対的なTOBを舞台にした小説では、「ハゲタカ」シリーズがありましたね。

TOBと老舗旅館の存続を絡ませた素晴らしい物語でした。


現実世界でもライブドアとフジテレビの攻防戦がありました。

あの時は、マスコミはもちろん日本中の人々が感情的になって、IT企業を排除しました。

あんな結果でよかったんでしょうか?

だって、あのフジテレビは今・・・・・。


本書の内容に話を戻しましょう。

新聞社とIT企業の攻防戦を両方の側から書いているので、私的には好きなストーリー展開でした。

「ネット社会における新聞の役割は何なのか」「新聞経営を他企業が担えるのか」「新聞発行に関係した人々の今後は」「旧態以前とした新聞社経営で良いのか」等々の命題が、登場人物の会話の中に、新聞記事の中に何度も出てきます。



小説のストーリーと作者の提言が交差する作風は、作者が得意とする手法なんでしょう。

読みごたえがある作品です。






posted by 田沼 at 05:47| Comment(0) | 読書のススメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年02月28日

オーパーツ 死を招く至宝

蒼井碧(アオイペキ)

【本の帯】

貧乏大学生・鳳水月の前に現れた、顔も骨格も分身かのように瓜二つな男・古城深夜。

鳳の同級生である彼は、OOPARTS-当時の技術や知識では、制作不可能なはずの古代の工芸品ーの、世界を股にかける鑑定士だと高らかに自称した。

水晶の髑髏に囲まれた考古学者の遺体、夫婦の死体と密室から消えた黄金のシャトル…謎だらけの遺産に引き寄せられるように起こる、数多の不可解な殺人事件。

難攻不落のトリックに、変人鑑定士・古城と巻き込まれた鳳の“分身倹ひ”の運命は?

2018年第16回『このミステリーがすごい!』大賞受賞作。

【読書後記】

今回も「大賞受賞作」という帯に騙されました。


私の趣味には合わない作品ということになるでしょう。

他の人からしたら、楽しい本かも知れませんからね。


江戸川乱歩の明智小五郎の様な主人公が登場します。

探偵が、密室殺人をあっという間に解き明かすというベタなストーリーに感じました。

文章に深みを感じなかった私の読書力にも原因があったのでしょうか。

それなりに楽しいストーリーではありましたので、新幹線に乗って博多〜東京間に読むのには適した作品だったかもしれません。

オーパーズに隠され裏歴史的な物語を期待したのがいけなかったんでしょうか。


posted by 田沼 at 05:19| Comment(0) | 読書のススメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年02月18日

ミッドナイト・ジャーナル 本城雅人 著

【本の帯】

「被害者女児死亡」-世紀の大誤報を打ち、飛ばされた3人の記者。

7年後、児童連続誘拐事件が発生する。

さいたま支局の関口豪太郎はかつての事件との関連性を疑い、本社の遊軍記者・藤瀬祐里は豪太郎の応援に合流し、整理部員となった松本博史は冷めた目で静観する。

警察も、目撃者も、記者も上司も嘘をつく。

しかし豪太郎は、絶対に諦めない。

記者歴20年の著者が書き下ろす感動の社会派エンタメ!!

【読後感想文】

7年前にとんでもない誤報を発して、埼玉支局に飛ばされた新聞記者が主人公です。

7年前の事件とは、連れ去った女児を暴行した上に、殺して遺体を捨てるという事件でした。


7年後、主人公が飛ばされた先の埼玉で、またぞろ起こった女児連れ去り未遂事件。

目撃証言をつなぎ合わせると、7年前の事件が幽霊のように浮き上がってきます。


主人公は、同じ会社の上司や同僚とぶつかりながらも犯人に少しずつ迫っていくというベタなストーリーではあります。

しかし、筆力からなんでしょうかねえ。

読み始めると、片時も本を放せなくなりました。

もちろん一気読みです。


かつて「クライマーズ・ハイ」という日航機事故を題材にし、朝刊の締め切りと取材の信憑性を争った新聞記者を描いた小説がありました。

「64」という刑事ものの小説では過去の誘拐事件を追うあまりに、左遷された刑事の姿が描かれていました。

組織の中で葛藤する一匹狼の主人公。

捜査そのものは警察がしますが、その進捗状況を取材する側の物語です。

実に骨太で、しかもスピード感のある物語に仕上がっています。

重厚で迫力に富んだ小説ということも出来ます。

間違いなく、第一級の作品です。



今年の8月にTVドラマとして放映されるらしいので、楽しみに待っています。

出来たら映画化もして欲しいものです。

主人公を堤真一、その部下を長澤まさみと竹内涼真。

警察庁担当キャップに役所広司。

埼玉県警刑事部長に渡辺健。

犯人役は・・・・、むずかしいところでしょうね。




posted by 田沼 at 05:40| Comment(0) | 読書のススメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年02月14日

木洩れ日に泳ぐ魚  恩田陸 著

【本の帯】

舞台は、アパートの一室。

別々の道を歩むことが決まった男女が最後の夜を徹し語り合う。

初夏の風、木々の匂い、大きな柱時計、そしてあの男の後ろ姿ー共有した過去の風景に少しずつ違和感が混じり始める。

濃密な心理戦の果て、朝の光とともに訪れる真実とは。

不思議な胸騒ぎと解放感が満ちる傑作長編。


【読後感想文】

全て一人称で書かれた小説です。

しかも、場面はアパート一室だけ。

登場人物は、明日朝は別れ別れになる若い男女。

男女が交互に自らの心の内を語りますし、相手の心を推量します。



その中身は1年前に起きた山岳ガイドの崖下転落事件について。

男女は、互いに相手が犯人の殺人事件だと思っています。

もう一つは、若い二人の過去と別れるに至ったこれまでの行き違い。

夜が明けるまでのノンストップです。


徐々にいろいろなことが明らかになってきます。

記憶の断片を互いにつなぎ合わせ、組み立て直せば別の世界が浮き上がってくるという手法です。

昔の探偵小説みたいです。



探偵は二人。

交互に、尋問するみたいな会話を交わし合うという設定が何とも言えません。

湊かなえの小説「告白」と似ています。

言葉だけ、想像だけ、記憶だけのやり取りですので真実は分かりません。

おそらく、「こういうことだろうな」という推測でしかありません。



あまりにも心理描写が複雑に絡み合うので、途中で飽きそうになります。

が、崖下転落事件の解明と男女の今後がどうなるかが気になってしかたがありません。

それで、一気に最後まで読んでしまいました。

ラストは、読者がいろいろ想像できるような描き方になっています。




posted by 田沼 at 05:26| Comment(0) | 読書のススメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年02月02日

寒い時はイオンで読書がいい

お寒うございます。

全国的な大型寒波の襲来のようですね。

ここ福岡も真冬の気候になっています。



マイナスの気温が出ては、もういけません。

寒がりの私は冬眠を決め込んでいます。

一日、二日は家の中でもいいんですが、だんだん飽きてきます。

運動も兼ねて、暖房の効いた施設へ移動です。


先ずはH・Cのコメリやナフコをうろちょろ・うろちょろ。

春からの菜園作業を妄想しながら1時間ほどの散策です。


20180123_130914.jpg

次は、イオンモール。

本屋を冷やかした後は、フードコートで読書の時間です。

昼食することもあるんですが、今日は読書のみ。

窓際は広くって、明るくって気持ちがいいです。

窓下の駐車場を眺めながらの読書というのも乙なもんです。


ここでも小一時間ほどを過ごしたら、健康センターにでも行ってきましょうか。

半径5km以内に5ケ所ほどありますので、より取り見取りということです。

風呂に入っている時間よりも、休憩室で寝ている時間の方が長いかもしれません。


かくして、寒い一日をだら〜っと暖かく過ごしたいという日記でした。

来週には気温も上昇するという予報です。

ジャガイモの苗を買ってきて、芽出しをしましょうか。

ブロッコリーなどの冬野菜を片付けて、ナス科の準備に取り掛かりましょうか。

もう春ですよ、春ですよ。




posted by 田沼 at 06:32| Comment(0) | 読書のススメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年01月28日

棲月 隠蔽捜査7 今野敏著

【本の帯】

私鉄と銀行のシステムが次々にダウン。

不審に思った竜崎はいち早く署員を向かわせるが、警視庁生安部長から横槍が入る。

さらに、管内で殺人事件が発生。

だが、伊丹から異動の噂があると聞かされた竜崎はこれまでになく動揺していた―。


【読後感想文】

やっぱり「苦しい時の今野敏」という格言は生きていました。

久々に手に取った今野敏の警察小説です。


本屋の新刊コーナー前を通りかかって、ふと見つけました。

が、ちょっと躊躇しました。

最近、面白い本に出会わなかったもんですから。


主人公は変わり者の竜崎伸也署長。

原理原則で上の者にも下の者にもずけずけとものを言う御仁です。

キャリアのエリートなのに、息子の不祥事で引責降格されています。

今は所轄の署長なのに、階級が警視長という高級官僚です。

幼なじみは、警視庁の伊丹刑事部長。

やっぱりキャリアのエリートです。


変わり者の署長を取り巻く人々が、署長の言葉に呆れたり怒ったりします。

その姿が、このシリーズの一番の魅力になっています。

推理小説なんですから、犯人逮捕というストーリーと署長の人柄とが絡みながらお話は進みます。


基本的には署長室や捜査本部の中が場面になっています。

刻一刻と集まってくる情報を精査しながら、犯人に迫っていくという流れです。


先日に記事をUPした「孤軍」に似ていますが、終盤にしか犯人が分からないという点が決定的に違っています。

「孤軍」の場合は、犯人は分かっているのになかなか逮捕できないというお話で、同じ場面が何度もループします。


それに対して、本書はスピード感を持ってお話が推移していきます。

情報が集まるたびに犯人像が明らかになっていき、主人公が次から次に指示を出します。

署内の部下への命令に始まり、管轄外ひいては本庁の生活安全部やサイバー対策部へ・・・。


もう、指示系統も組織的な取り組みもあったものではありません。

荒唐無稽であることは分かっているんですが、そんな主人公のむちゃくちゃ加減が楽しい小説です。


1600円もするんですから、ゆっくりお見たかったんです。

が、惜しいことに一気読みしてしまいました。





posted by 田沼 at 04:57| Comment(0) | 読書のススメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年01月22日

タスクフォースな刑事たち 孤軍

作者は、笹本稜平で、本の名前は「孤軍 越境捜査」


【本の帯】

警視庁特命捜査係の鷺沼と神奈川県警の一匹狼・宮野が難事件に挑む『越境捜査』シリーズ最新刊! 

六年前、東京都大田区で老人が殺された。

億単位の金を遺していたらしいが、見当たらない。

その後、連絡の取れない老人の一人娘が、警視庁の首席監察官と結婚していたことが判明。

すると、監察から鷺沼らに呼び出しがかかり、捜査に関して探りを入れられる。

権力側のキナ臭い動きに鷺沼らは……。


【読後感想文】

迷宮入りした事件を再捜査する・・・という魅力的なストーリーなんです。

が、なんでこの事件の再捜査を開始したのかが、もうひとつ曖昧模糊としていてはっきりしません。


本文に入ってからも、同じような場面の繰り返しで、途中で飽きてしまいます。

だって、警視庁内の会議室とか主人公の家とかで作戦会議ばかりしているんです。

現地捜査自体はチョチョイのちょいで難なく進んでいきます。

その結果、浮上してきたのが警視庁や警察庁のお偉いさん方。

お偉いさんと対峙するという正義感に満ちたストーリーのはずなんです。

相手は、刑事局次長だったり刑事部長や刑務部長という、いわばキャリア組のトップです。

ここが、ちょっと在り得ないですよね。

偉い人はみんな善人なんて言いませんが、警察のトップ全員が殺人事件に絡んでいるなんて荒唐無稽もいいところでしょう。

もともと小説は荒唐無稽なんですけどね。


敵の攻撃がもっぱら人事面による捜査妨害というのもいただけません。

ハードボイルドでもなんでもないじゃないですか。

主人公たちが命を狙われることはありますが、簡単に回避します。


「こうなったら、もう遠慮はいらない」

なんてセリフが、都合三度ほど出てきます。

「いつになったら本気を出すのよ」と思ってしまいます。


起伏や緊張感が乏しい警察小説でした。

チャンチャン。




posted by 田沼 at 06:23| Comment(0) | 読書のススメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年12月14日

数年後は電気自動車が主流になるのか

アメリカはカリフォルニア州で、2018年に新たな排ガス規制が発動されるそうです。

「二酸化炭素の排出量が基本的に0になる」ことを目指す法案が数年前に可決され、いよいろ来年から規制がかかるという実在。


日本ではハイブリット車や水素自動車で活路を見いだそうとしていますが、それも近い将来には規制にひっかかるということです。

一つの州の規制が発動すると、アメリカ全土に広がる可能性があります。

今回読んだ本「デッド・オア・アライブ」(楡周平)は、そこに焦点化して物語を展開しています。


【本の帯】

巨大電機メーカー・コクデンは、自社技術の粋である新型電池の市場をEV(電気自動車)に探ろうとしていた。

一方、経営不振の軽自動車メーカー・イナズミの中にもEVへの動きが。

さらに、世界的自動車メーカー・タカバがEVへの戦略転換のため、そのイナズミを飲み込もうとしていたーー。

一気に世界中がEVに向けて走り出し、戦場と化した自動車業界の最先端を鋭く先読みしたビジネス・サバイバル・サスペンス!

【読書後記】

実に勉強になりました。

電気自動車はバッテリーの性能に難があって、走行可能距離が短いという欠点があります。

それで、実用化にはほど遠いように思われています。

開発に係る費用も、スタンドを整備する費用も莫大になる公算が大きいです。

それを自動車価格に上乗せしたら、数百万円もするということです。

高級車並みです。

そこまでして不便な電気自動車を買うユーザーなんかいないはずですよね。



もし、電気自動車が勢いを持ちだしたら・・・。

ここからが本書のストーリーです。

さて、日本の自動車メーカーはどうなるんでしょう。

ガソリン車に比べて部品数が、10分の一の電気自動車。
モーターは特殊な技術を要しないので、あらゆる業種の会社が参入してくることになるでしょう。

自動車を設計してその特許料だけで営業しようという会社が出てくるでしょう。

技術開発は他の会社に任せて、ボディだけの制作を請け負う会社が乱立するはずです。

組み立てメーカーを頂点にした日本の自動車産業の構造を崩壊しかねないという側面があります。

電気自動車が普及すればガソリンスタンドは倒産し、地方にはガソリンスタンドが少なくなります。

そうなると、さらに電気自動車への転換は一気に進むはずです。



世界の趨勢は待ったなしで進んでいます。



どこに活路を見いだすか。

そこに登場するのが世界一の普及率を示す軽自動車。

軽自動車のユーザーは、一日の走行距離の平均が40kmたらずだそうです。

それならば、今のバッテリーでも有効です。


地方では一家に一台の軽自動車が保有されていることもあります。

地方なら、少々高い軽自動車でも売れるはずです。

電気網は世界中で整備が進みつつありますから、新たにガソリンスタンドを整備するよりも安価に出来ます。

発展途上国においてなら、軽自動車も売れる公算が強いです。



一気に軽の電気自動車を量産できれば、シェアを握ることが出来ます。

部品の型式や充電システムのスタンダードを握ることができます。

新たなバッテリーが開発されたら、普通車への転用も可能になります。



これは、10年後の世界の話かもしれませんが、ものすごく大きなビジネスチャンスをはらんだストーリーです。

大手自動車メーカーや軽自動車の専門メーカー、弱小ベンチャー、家電メーカー、都市銀行、商社、政治家が入り乱れての展開は、スピーディーで波瀾万丈という感じです。


経済小説にありがちな難しい言葉は、いちいちタブレットで調べながらの読書となりました。

内容があまりにもおもしろいもんで、ついつい一気読みしてしまった次第です。


追伸

世界で排ガス規制が盛んに叫ばれた40年ほど前。

日本でも規制が発動されるようになりましたが、当時の大手自動車メーカーはすべて反対でしました。

しかし、弱小のホンダがシビックでCVCCエンジンを発表しました。

そうするやいなや、全メ−カーが排ガス規制適合車を我先に発表し出しました。

おそらく、電気自動車も同じように発展していくんじゃないでしょうか。


10年と言わず、数年後の話になるかもしれません。




posted by 田沼 at 05:58| Comment(0) | 読書のススメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年12月08日

ねこ町駅前商店街日々便り

作者は柴田よしき。

【本の帯】

赤字ローカル線の終点・根古万知。駅前は、わずか八店舗ほどが細々と営業するシャッター商店街である。

数年前、猫の町「ねこまち」としてブームになりかけたこともあったが、それも一時のこと、以来、ジリ貧状態だ。

離婚を機に、そんな町に戻ったラーメン店の娘・愛美は、緑色の大きな目と灰色の毛が愛らしい拾い猫を飼うことになった。

ノンちゃんと名付けたその猫が、ひょんなことから一日猫駅長を務めると駅は再ブレイク、商店街にも観光客が訪れる。

愛美は久しぶりに賑わう光景を見て、今度こそ、元気いっぱいだった頃の根古万知を取り戻したいと動き出すが…。


【読書後記】

作者の名前を見て、ついつい手に取ってしまいました。

かつてはミステリー物を随分と読みふけったものです。


さて今回は、根古万知(ねこまんち)という町の商店街に一匹の猫が迷い込んだところから始まります。

この猫の登場とともに、街が活気づき、幾人かの人間関係が動き始めます。

しかし、この商店街はシャッター街。

近くにできたショッピングモールなどの影響で数年先には無くなりそうな商店街です。


その再生に立ち上がったのが、ラーメン店の娘と世界中を駆け巡っていたご当地出身のカメラマン・・・という訳です。


地域再生型の小説には、「プラチナタウン」や「限界集落」というのがありました。

私の好きなジャンルになっています。



本書を読んで、地域再生の勉強になりました。

錆びだらけのシャッターを見たら、誰しもが「どうにかしたらいいのに」「工夫さえすれば人は集まるはず」なんて思ってしまいます。

が、現実にはなかなか難しということが分かりました。


シャッターに絵を描いても、すぐに飽きられます。

本格的に再生しようとしても、街にはすでに資金力も労働力もありません。

店の改修費やアーケードの補修費、道路の整備費、イベント開催の費用等々の資金力がないんです。

商工会も自治体も銀行も、先細りの商店街には投資しないんです。


再生を始めても、売り手すなわちサービスの提供者がいないことには先に進めません。

イベント的に若い人を呼び寄せても、一過性のものでしかないようです。

加えて、店を止めた高齢者は余生を静かに送りたい、商店街がなくなったら企業に土地を売って便利なマンションででも暮らしたい。

店舗の上が住居なので、下でわいわい騒いでほしくない。

等々。

70代、80代になった商店主が、そんな風に思うのは当然のことかもしれません。



本書の面白いところは、まったくの再生を考えているのとは違うところにありそうです。

商店街が無くなってしまうことを食い止めることはできなくても、少しでもその時期を遅らせたい。

その間に、子どもや若い世代の思い出に残る商店街の姿を造りたい…そんな思いがあるようです。


不思議な猫の姿や山奥の限界集落の様子、UFO話などが交差して、柔らかな雰囲気の中でストーリーは進います。

悪人が一人もいない小説なんてはじめてでした。





posted by 田沼 at 06:04| Comment(0) | 読書のススメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年11月19日

最後の証人 一発逆転を狙う弁護士の物語 

作者は柚月裕子。


【本の帯】

元検察官の佐方貞人は刑事事件専門の敏腕弁護士。

犯罪の背後にある動機を重視し、罪をまっとうに裁かせることが、彼の弁護スタンスだ。

そんな彼のもとに、殺人事件の被告人から弁護依頼が舞い込む。

高層ホテルの一室で起きた刺殺事件。

男女間の愛憎のもつれの末の犯行であり、物的証拠、状況証拠から有罪確実だとみられている。

しかし佐方の本質を見抜く勘が、事件の裏に何かがあると告げていた。

有罪必至の弁護を引き受けた佐方の勝算とは何か。

やがて裁判は驚くべき展開をみせる!

感動を呼ぶ圧倒的人間ドラマとトリッキーなミステリー的興趣が、見事に融合した傑作法廷サスペンス。

『このミステリーがすごい!』大賞受賞作家による、衝撃の話題作! 

【読書後記】

「検事の本懐」と「検事の死命」は、30歳の主人公、検事の佐方貞人のオムニバスストーリー。

先に発刊した本書「最後の証人」は42歳の主人公、弁護士の佐方貞人のヒューマン&サスペンスストーリーということになっています。


さえ、今回の事件、弁護側にとっては絶体絶命の事件。

検事の一方的優勢で裁判が進み、主人公はただただ尋問を聞いているだけの存在になっています。

どこかに起死回生の隠し玉があるあずです。



殺人事件がある夫婦の復讐劇であることは、裁判と並行して描かれる夫婦の回想シーンで明らかです。

読者は、主人公の一発逆転がいつ登場するかを楽しみにしながら、辛抱強く先を読み進めることを強いられます。


第一回公判、第二回公判と続き、最終弁論が近づくころになると、読者は考えさせられます。

「最後の証人」って誰だ?

二人考えられます。

一人目を選択したとしても一発逆転は難しそうです。

二人目、そう彼なら一発逆転に通じる大証言を得られるかもしれません。

そんな風に先読みするのも楽しい作品です。


「最後の証人」が登場してクライマックスに入る矢先に、作者は読者に張っていた罠を明らかにします。

これまで被告人と思っていた人物が被害者で、被害者と思っていた人物が被告人だったんです。

えっ!えっ!えっ!

なんじゃそりゃあ!・・てな具合です。

その後は、主人公の独壇場となって裁判は決心まで進みます。


さて、主人公には若く美しい事務官が付いていて、時々物語に可愛い姿を現します。

しかし、意外なことに彼女が物語の締めを飾るんです。

泣かせるようなセリフを吐くもんですから、思わず目頭が熱くなってしまいます。


本作品は、第一級のサスペンスでありヒューマンストーリーだろうと思います。




posted by 田沼 at 12:58| Comment(0) | 読書のススメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年11月13日

検事の死命 柚月祐子

作者は第7回『このミステリーがすごい!』大賞を受賞し、『臨床真理』にて2009年デビュー。

『検事の本懐』で2012年第25回山本周五郎賞にノミネート、2013年度第15回大藪春彦賞受賞。


【本の帯】

郵便物紛失事件の謎に迫る佐方が、手紙に託された老夫婦の心を救う(「心を掬う」)。

感涙必至!佐方の父の謎の核心が明かされる「本懐を知る」完結編(「業をおろす」)。

大物国会議員、地検トップまで敵に回して、検事の矜持を押し通す(「死命を賭ける」-『死命』刑事部編)。

検察側・弁護側ー双方が絶対に負けられない裁判の、火蓋が切られた(「死命を決する」-『死命』公判部編)。

骨太の人間ドラマと巧緻なミステリーが融合した佐方貞人シリーズ。

刑事部から公判部へ、検事・佐方の新たなる助走が、いま始まる!
【読書後記】

発刊した順で並べると「最後の証人」→「検事の本懐」→「検事の死命」となります。

しかし、主人公の時系列で並べると「検事の本懐」→「検事の死命」→「最後の証人」ということになる竹内貞人シリーズです。

スターウオーズシリーズのようです。

今回も基本的には短編のオムニバスなんですが、後半は長編のようになっています。


中心は、電車内で起こった痴漢事件、迷惑条例違反事件です。

微罪の事件ですが、主人公はこだわります。


容疑者すなわち加害者の家は旧家で地域の名士、国会議員にも手を回すことが出来るという設定。

痴漢の被害者は、補導歴を持つ娘と母親の単身家庭。

竹内検事には、検察上層部や地域の法相界から圧力が掛かります。


ひょうひょうした物腰ながら、強い信念に基づいて正義を正そうとする検事に支援の手がさしのべられます。

上司が助けます。

置換を捕まえた所轄の署長やその部下たち。

最後は上級官庁の検事正まで。

はたしてその結果は・・・・。


推理小説の形を取りながら、ヒューマンストーリーを巧みに描いた作品・・・ということになるのでしょう。



posted by 田沼 at 05:39| Comment(0) | 読書のススメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年11月04日

検事の本懐 柚月裕子

【本の帯】

12万部突破の法廷ミステリー『最後の証人』主人公のヤメ検弁護士・佐方貞人の検事時代を描いた連作ミステリー、待望の文庫化です。


骨太の人間ドラマと巧緻なミステリー的興趣が見事に融合した連作短編集。
出所したばかりの累犯者が起こした窃盗事件の真実を抉る「罪を押す」。

県警上層部に渦巻く嫉妬が、連続放火事件の真相を歪める「樹を見る」。

同級生を襲った現役警官による卑劣な恐喝事件に、真っ向から対峙する「恩を返す」。

東京地検特捜部を舞台に、法と信義の狭間でもがく「拳を握る」。

横領弁護士の汚名をきてまで、約束を守り抜いて死んだ男の真情を描く「本懐を知る」。



【読書後記】


第25回(2012年)山本周五郎賞候補、第15回(2013年)大藪春彦賞受賞作というだけあって、中々読み応えのある作品でした。


主人公はボサボサ頭によれよれスーツの若者。

30歳になるかならないかの新米検事です。

派手さはないが、事件のポイントに接した時に見せる鋭い眼差しが印象的です。


短編集にありがちな薄っぺらなストーリー展開ではなくって、じっくり読ませて核心に迫るという流れに好感が持てます。

短編の前半部分に、事件のポイントが示されています。

必ず読者にも分かるようになっています。

そのポイントに徐々に徐々に迫っていく過程がたまりません。


人の心を法に照らして正義に導く主人公の言動にヒューマンストーリーを感じます。

ここが山本周五郎賞の候補になったり、大藪春彦賞を受賞するに至っ理由でしょう。

文章は柔らかく、しかも巧みで読者をグイグイ惹き付けます。

一話、一話を読み終わるたびに、満足感を覚えるという作品です。
  

第一級の探偵小説と言えるでしょう。

久々の☆5つです。


追伸

本作品は、佐方貞人シリーズの第2作目なんですが、時系列でいうと第1作目「最後の証人」の前の時代ということになります。

また、第3作目「検事の死命」も第1作目の前の時代ということになります。

すなわち、時系列で並べると、第2作目「検事の本懐」→第3作目「検事の死命」→第1作目「最後の証人」ということになります。

スターウオーズのシリーズのようです。

私は、時系列に沿ってシリーズを読み進めようと思います。



以下は同じカテゴリの記事です↓
posted by 田沼 at 04:00| Comment(0) | 読書のススメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月26日

二礼茜の特命 仕掛ける

作者は城山真一。

【本の帯】

『このミステリーがすごい! 』大賞受賞後、第一作!

内閣金融局の秘密部門S2に所属する二礼茜の仕事は、依頼人の“もっとも大切なもの”と引き換えに、経営危機に直面する会社に対して資金作りの協力をすること。

新たな依頼主である創薬会社のエヌメディックは、提携していた大手製薬会社が共同研究から撤退し、銀行から融資引き揚げの通告を受けている上、株価が乱高下したことで、インサイダー情報が漏れていた可能性まで噂されていた。

茜は「インサイダー取引にかかわった人間を特定すること」を条件に、株取引を開始する。

しかし、大型株の市場ではヘッジファンドなどが操る自動売買システムが高速取引で相場を牛耳っていた……。

果たして、茜は巨大アルゴリズム取引に勝つことができるのか?


【読書後記】

ずいぶん昔、「ハゲタカ」という投資ファンドグループの戦いを描いた作品がありました。

敵対的買収や白馬の騎士、トロイの木馬等々、企業買収にかかる隠語が飛び交った作品でした。

理解できない株取引の文言に閉口しました。

それと同時に、株取引の裏側を覗いたような気分にもなれました。

素人が手を出す領域ではないと確信したものです。

また、あの世界で生きている人たちの苦悩にも触れることが出来ました。

ちょうどライブドア事件?が勃発した頃でした。


さて、今回も株の取引き、デイトレードという場面が頻繁に登場します。

内容に関してはほぼチンプンカンプンでしたが、ハゲタカ同様に勉強になりました。

今の株取引は、システム化されていて人間が入り込む余地が非常に狭まれているようです。

1秒間にものすごい数の売り買いが成立するそうですから、やっぱり素人が手を出す領域ではなようですね。


ストーリー自体にワクワクする点は少ないですが、小説仕立てで株取引の勉強ができますので一読の価値がありそうです。



posted by 田沼 at 05:17| Comment(0) | 読書のススメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月17日

ワルツを踊ろう 中山七里

【本の帯】

職もカネも家もないあぶれ者に、生きる術はあるのか。

中山七里史上、最狂・最悪のどんでん返しミステリ


職を失い20年ぶりに帰郷した了衛を迎えたのは、7世帯9人しか住まない限界集落だったーー。

住んでいるのは、詮索好きな地区長、生活保護費でパチンコ三昧の老人、村八分にされた一家……。

閉鎖的な村で自分の居場所を確保しようと、溝端了衛は資産運用相談会や村起こしのための共同事業などを提案する。

だが住民から返ってきたのは、嘲笑と敵意ーー。

愛するワルツの名曲“美しく青きドナウ”を通じ、荒廃した村を立て直そうとするが、了衛の身辺で、不審な出来事が起こりはじめ…。

追い詰められた了衛がとった行動とは!?

【読書後記】

以下は、あくまでも浅学な爺ちゃんの独断と偏見に満ちた感想です。


「中山七里史上、最狂・最悪のどんでん返しミステリ」という言葉にだまされました。

だって、中山七里という作者名と「どんでん返し」とくりゃあ心惹かれますよねえ。


しかし、早い段階からストーリーが見えていました。

不審な出来事の犯人は誰なのか。

一番怪しくない人間が犯人だ・・という昔からのセオリー通りの展開です。


ダラダラと同じような出来事が続きますし、主人公のキャラにも魅力を感じません。

単なる落ちこぼれで、勘違いから問題を引き起こす都会人。

外資系の企業に勤めていた39歳という設定なのに、やることなすこと十代のフリーターです。


ワルツが殺人のBGMのように流れるんですが、地獄の黙示禄という映画のパクリなんでしょうか。

連続殺人の描き方は、八墓村のパクリとしか言いようがありません。

その部分のページは一気に飛ばし読みしました。


それでも読者は「最後のどんでん返し」に期待して読み進めたんです。

それが、それがですよ。

通り一遍の謎解きなんです。

犯人は最初っから分かっていたのに、いきなり数ページで終末です。

「いつか罰を受けるでしょう」的な終わり方では満足できません。


中山七里からの撤退を決めました。




posted by 田沼 at 04:37| Comment(0) | 読書のススメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月10日

孤狼(ころう)の血 柚月裕子

【本の帯】

常識外れのマル暴刑事と極道の、プライドを賭けた戦い。

作家、マスコミほか多くの賞賛を集めた、圧巻の警察小説。

緻密な構成、卓抜したリアリティ、予期せぬ結末。いやあ、おもしろい。正統派ハードボイルドに圧倒された。

ーー黒川博行氏(作家)

日本ミステリ史に残る、今世紀最高の悪徳警官小説だ。

ーー茶木則雄氏(書評家)

昭和63年、広島。

所轄署の捜査二課に配属された新人の日岡は、ヤクザとの癒着を噂される刑事・大上のもとで、暴力団系列の金融会社社員が失踪した事件の捜査を担当することになった。

飢えた狼のごとく強引に違法行為を繰り返す大上のやり方に戸惑いながらも、日岡は仁義なき極道の男たちに挑んでいく。

やがて失踪事件をきっかけに暴力団同士の抗争が勃発。衝突を食い止めるため、大上が思いも寄らない大胆な秘策を打ち出すが……。

正義とは何か、信じられるのは誰か。

日岡は本当の試練に立ち向かっていくーー。

血湧き肉躍る、男たちの闘いがはじまる。



【読書後記】


「仁義なき戦い」の流れで「県警対組織暴力」という映画がありました。


アウトローの刑事役を菅原文太、県警のエリートを梅宮辰夫が演じたハードボイルド作品。




本作品もあの感じかな?と思えます。


ボロボロになりながらのハードボイルド作品です。


先輩刑事の言葉で「暴力団はなくなりゃあ、せんよ。・・・・やりすぎた外道を潰すだけでええ」というのがあるんですが、このセリフが妙に印象的でした。




暴力団担当の刑事でありながらヤクザとのコネを使って、親分衆を訪ね歩くベテラン刑事。


悪徳刑事なんですが、どうしてもヤクザの抗争を止めたいんです。


市民を守るためには手段を択ばないんです。


周辺にも魅力的なキャラがいっぱいです。


先輩刑事のやり方に疑問を感じながらも、次第に尊敬の念を抱いていく新米刑事。


しっとりと落ち浮いてはいるものの、修羅場を生き抜いてきた小料理屋の女将。


荒くれ物の暴力団担当の刑事たち。


いずれは広島を束ねるであろう弱小組織の若頭。



ラストまで一気呵成にそれぞれの役割を担って、魅力的なキャラたちがストーリーを進めていきます。




日本推理作家協会賞に輝くのにふさわしい作品でした。


既に映画化の予定があって、アウトローのべテラン刑事に役所広司、正義感の強い新米刑事に松坂桃李、小料理屋の女将に真木よう子というキャスティングらしいです。


観たいですね。





posted by 田沼 at 04:14| Comment(0) | 読書のススメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする