2017年11月21日

道後温泉土産の箱がおもしろい

道後温泉というのは地域名を指すのではなくて、一つの温泉施設を指すということを知らない人が案外多いようです。

実は、私も実際に行くまではしらなかった部類です。


さて、その道後温泉に知人が行ったんだそうで、土産を買ってきてくれました。

こう言っちゃあ何ですが、中身はどこにでもある焼き菓子、クッキーです。


ちなみに、全国の観光地のお土産は何カ所かの専門メーカーが作っているんだそうです。

注文を受け、パッケージだけ変えて地方で販売しているらしいですよ。


話を元に戻すと、中身はタダのクッキーなんですが、パッケージになっている箱のデザインがおもしろいんです。

DSC_0021.JPG

道後温泉の建物の玄関正面と両側面、裏側、そして屋根をデザインしたイラストが描かれています。

DSC_0015.JPG
正面入り口


DSC_0019.JPG
右側面

DSC_0016.JPG
左側面


DSC_0017.JPG
裏側


DSC_0014.JPG
屋根


道後温泉を訪れた人なら、思わずクスリと笑ってしまう感じです。


なんとおもしろいパッケージを考えたのだろうと感心しました。




posted by 田沼 at 05:35| Comment(0) | 大人の遠足旅日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年11月20日

かかし祭りの帰りは温泉でゆっくり

久山町のかかし祭りを堪能した後は、久山温泉「夢屋」でひとっ風呂浴びることにしました。


ofuro_goemon_man.png何種類もの露天風呂を楽しめる温泉施設として、福岡市近隣の人々に人気があるようです。

普通の岩風呂から真珠風呂、ワイン風呂等々が段差のある敷地に10カ所ほどもあるでしょうか。

もちろん、サウナも完備です。


室内には、41.5度のちょっと熱めの大浴場と、ぬるめのバブル大浴場があって、好みに応じて温泉を楽しむことが出来ます。


風呂上がりにレストランで食事を取るもよし、休憩所(畳敷き)で寝るもよし。

廊下にも何カ所か椅子や机、ソファー、小上がりがあってゆっくり休めそうです。


2階中央の休憩所では、漫画や小説の書棚が設けられていて、好きな人は何時間でも読書で過ごせそうです。


onsen_ojiisan.pngタオルを持って行けば、大人が970円。

シャンプー、リンス、ボディソープは備え付けです。

970円は入場料です。

それで、風呂や休憩場等の施設を何度でも利用出来ます。

それほど高くはないと言えそうです。


追伸

夢屋のすぐ近くには、公営のオアシス篠栗があります。

300円でゆっくり湯に浸かって、大広間でゴロリと昼寝を楽しむことができます。

レストランのメニューも豊富ですのでお勧めです。





posted by 田沼 at 05:53| Comment(0) | 大人の遠足旅日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年11月15日

かかし祭りは芸術祭 ちょっと写真集

秋晴れのすがすがしい日。

今日は福岡市の東、久山町を訪ねました。

10月下旬から始まったかかかし祭りの見物です。

稲を刈り取った田んぼに様々な形のかかしが設置されています。

厳選した案山子の写真をUPします。

以下は全部かかしですよ。


DSC_0002.JPG
晴天に映える龍踊

かかしと言っても、そんじゅそこらの十字形のかかしではありません。

DSC_0027.JPG
今年も豊作 ジャガイモ掘り


畑仕事に励む人々や釣りを楽しむ子どもらの姿をユーモラスに表現した芸術作品?です。

DSC_0015.JPG
ちょっと小粋ないかだ流しと魚釣り


地域の婦人会が子どもや孫の衣装をかかしに着せ、動きをつけて飾ったのが最初だと噂に聞きました。

DSC_0019.JPG
危ないよ 自転車と一輪車の練習


毎年この時期になると、町の文化祭とも協賛して多くの見物客を集めています。

DSC_0022.JPG
がんばれ がんばれ 竹馬練習


中央公民館付近をスタート地点にして、周囲2km程度の道沿いに設置してあります。

DSC_0035.JPG
お寺の前をきれいにお掃除


この日は長男家族も同行したんですが、幼い孫は新しいかかしを見つけるたびに何やら語りかけていました。

DSC_0034.JPG
お寺さんに手を合わせた後はお弁当


以下のスナップもお楽しみください。


DSC_0026.JPG
イノシシ撃ちのズドン!


DSC_0007.JPG
柿泥棒の子どもたち


DSC_0012.JPG
農耕の一休み




posted by 田沼 at 06:19| Comment(2) | 大人の遠足旅日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年11月14日

タモリの町ブラがおもしろい

タモリが全国の町を旅するというTV番組があります。

食レポが中心の旅番組とは一線を隔しているようです。


人の営みや都市形成がいかに自然と共存してきたか。

人はいかにして自然を克服してきたか。

そんなことが命題となるあの番組です。



番組の中では、「断層」という言葉が一番多く出てくるようです。

扇状地」や「地下水」「火成岩」など地理学、地誌学、地形学等々の用語が目白押しです。


道が交差する具合や水路の存在、あるいは地名などから歴史に迫ることもあります。

TVを視ている人を引きつけますね。


道路の下に川があった話やもともとの都市がなくなり新たな都市が出来上がるなんて話も興味深いです。



ヤモリの真似でブレイクし、音楽番組の司会や昼のバラエティショーのMC等を経て、今の博識な姿を披露してくれています。

国民的な芸人さん、趣味人としての活躍が今後とも期待されます。



この番組の影響でしょうか。

本屋を歩いては、都市の成り立ちや自然との共生に関する文献を探すようになりました。

私だけではないように思いますがいかがでしょう。

近所の書店には、そんな本を集めたコーナーがあって、私の絶好の立ち読みポイントとなっています。




posted by 田沼 at 07:12| Comment(0) | 大人の遠足旅日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月15日

例によって奥さんは長崎へ

逃げられた訳ではありません。

定期便の里帰りです。

2ケ月に一度は羽を伸ばしに里帰りという訳です。


連休はどこも人が多いし、渋滞するので動かない私。

奥さんはこの時とばかりに、さっさと長崎へ。

実にアクティブです。

私はというと、せっかく奥さんが羽を伸ばしに行くんですからお留守番です。


奥さん不在中の我が家では、一日三食が好きなものの食べ放題日となります。

自分で作るもよし。

外に食べに出るもよし。

イヨンで惣菜を買うもよし。

奥さんが嫌いな肉やレバー、天ぷらなどが食べ放題というわけです。

だから、奥さんの里帰りは大賛成なんです。


さて、この日長崎はおくんち祭りの真っ最中。

長崎の鎮守、諏訪神社に祀られている三体の神体が、諏訪神社の本宮から大波止に設けられた御旅所(おたびしょ)に下り(お下り)、後日には再び本宮に上る(お上り)という神事が発端になった祭りと聞いています。

何枚かの写真をラインでもらったので、ここでご披露します。


一番人が集まる浜町アーケード街。

1507594405891.jpg


長崎名物のミルクセーキ。



1507594411184.jpg

八坂町の傘鉾。
1507594421491.jpg



4549741436762_PC_L (600x600) (340x340).jpg追伸

奥さんがいない間にイオンマックスバリュの「ごぼてん肉うどん」を食べました。

チンするだけでした。

実においしかったです。

その辺のうどん屋さんに負けていません。






posted by 田沼 at 04:37| Comment(0) | 大人の遠足旅日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月10日

小学校区を歩くといろいろな発見がある

散歩を日課にしている人も多いでしょうね。

犬を連れて…という人もいます。

散歩.png
そんな習慣がない人でも、たまに小学校区くらいを歩いてみてはどうでしょう。

いろんな発見がありますよ。


今住んでいるところに転居してきたのは、37年も前になるでしょうか。

転居してからは、毎日勤め先と家との往復です。

たまの休みは家でのんびりしたり、家族とどこか遠くに行ったり・・・・。


定年して暇つぶしに家の近所を歩くようになると、知らない道ばっかりであることに気づきます。

車一台分か、それ以下の細い道です。

斜めであったり、くねくね曲がっていたりします。

車で進むには相当な勇気を要するような道です。

徒歩なら何の気兼ねもいりません。


そんな道を進むと、思わぬところに出たりします。

いつも通っている大通りの郵便局の横だとか、知人のAさんの家の前だとか。

あるいは、大きな通りからは見えなかったレンガ造りの家だとか、案外大きな家庭菜園の畑だとかを発見します。

町の図書館の裏には人口の小川が流れていて、子どもたちの憩いの場所になっていることも分かります。

知らない空間に迷い込んだような不思議な気持ちを味わうこともできます。

発見したケーキ屋さんでシュークリームでもお土産に買って帰ってはどうでしょう。


さあ、涼しい秋になりました。

ちょいうと散歩に出かけましょう。





posted by 田沼 at 04:40| Comment(0) | 大人の遠足旅日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月04日

阿蘇山は今日も日本晴れです

暑いので、夏は家の中に引き篭もっている私です。

それで、旅日記、小旅行的な記事をこの何か月かはUPしていません。

そいでもって、長男家族の旅行報告を代わりにUPします。

旅行先は阿蘇アームランド〜草千里等々。

1504152129709.jpg


震災で阿蘇大橋が崩落したために、南阿蘇地域の観光はあきらめたとのこと。

白川水源や南阿蘇国民休暇村という一大リゾート地に行けなかったのは、残念だったことでしょう。

1504152120763.jpg

山頂近くの火山公園や草千里に行くのにも、大きく迂回しなければならなかったそうです。


阿蘇大橋以外にも、壊れた道路の復旧がいまだにできていないで通行止めになっているらしいです。

その代わり、阿蘇駅周辺や阿蘇山北側は通行できるため、遠回りであっても草千里には行けたそうです。


1504152096979.jpg

さて、初日は快晴の中をファームランドまでドライブの旅。

1504408018446.jpg

改修工事中の施設があるものの、温泉施設や各戸ドーム型ホテル健在で、楽しいひと時を過ごしました。

1504152112053.jpg

次の日も快晴で、火山公園を見学したり、草千里で乗馬したり。

馬に乗った時の意外な高さに孫1号と2号はキャッキャ、キャッキャの大騒ぎ。

震災後はお客さんがべらぼうに減って、営業が苦しい状況だとスタッフさんが話していたそうです。

周辺の観光地を回って、帰宅したのが午後の7時頃だったそうです。





posted by 田沼 at 06:31| Comment(2) | 大人の遠足旅日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月02日

訪問したのは25年前 裕次郎記念館

小樽の石原裕次郎記念館が閉館となりました。

感慨深いものがありますね。


訪問したのは25年前のこと。

家族旅行で、福岡から日本海周りのフェリーで北海道旅行をした時のことです。


私自身は直接映画館で裕次郎さんの映画を観たことはありません。

当時、日曜映画劇場とか月曜ロードショウーみたいなTV番組がいっぱいあったんで観ることが出来ました。

若い人、あいつと私、銀座の恋の物語、喧嘩太郎なんかの青春路線がありました。

夜霧よ今夜もありがとう、夕日の丘、鷲と鷹、赤いハンカチなんかのアクションもありました。


カッコよかったですねえ。

何しろ昭和の大スターなんですから・・・。

「嵐を呼ぶ男」なんて、日本中の若者が観たと言っても過言ではないほどの入りだったそうです。

500人ほどの客席に、2000人ほどが入ったと言います。


個人のプロダクションで映画を作る・・・というのも走りだったとか聞いてます。

今は委員会形式ですけどね。


小樽の記念館の前にはヨットが飾ってありました。

中に入ったら、当時のポスターやレコードが壁一面に貼ってありました。

私は感動しながら一枚一枚見て回ったんですが、奥さんや子どもたちは素通りです。


広いロビーには西部警察で使用した車が展示してあって、涙が出るほど懐かしく思いました。

館内には彼の歌が流れていたので、うっとりしながら聞いていたことを思い出します。


あれから時は流れ、もう若い人たちの心の中に石原裕次郎は残ってないみたいですね。

美空ひばりの記念館も閉館したと言います。

時の流れなんでしょうね。



posted by 田沼 at 05:19| Comment(0) | 大人の遠足旅日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月08日

運動+遠足+取材で菖蒲まつりにやって来た

今回やって来たのは、福岡県福津市。

全国にある宮地嶽神社の総本社を訪れました。


毎年220万人以上の参拝客が訪れ、開運商売繁昌の神社として知られています。

日本一大きいと称される注連縄も有名です。

DSC_0006.JPG

神社の参道には土産店が立ち並んでいまして、商売繁昌にちなんで招き猫やダルマを販売している店もあります。

また、ここでは大宰府の「梅ケ枝餅」とよく似た「松ヶ枝餅」が売られています。

お土産にいかがでしょう。


参道のうち、「男坂」と呼ばれる神社正面の石段から門前町を通り宮地浜まで至る西向きの参道は、約800mに渡る直線道路となっています。

この参道の延長線上に夕日の沈む期間が、年に二期(2月下旬および10月下旬)ありまして、この夕日と参道が一直線に並ぶ光景を「光の道」といって観光キャンペーンのCMで有名になりました。

20170603_122604.jpg

さて、宮地嶽神社の紹介はここまで。

今日は運動と大人の遠足、そしてブログの取材を兼ねて「菖蒲まつり」にやって来ました。

TVのCMでは、石畳の境内に菖蒲が咲き乱れているように見えましたが、あんなところに菖蒲池なんてあったかなあ?

そんな疑問を抱きながら行ってみますと、な〜だ、菖蒲まつりのために臨時に作られた菖蒲池だったのです。

それでも何万本あるか分からない菖蒲の花々はやっぱりきれいでした。

紫のグラーデーションがとっても華やかです。

DSC_0016.JPG

たいがいスナップ写真を撮ったので、さあ帰ろうかと思ってたら、「奥まで行くとよ」と奥さんのご意見。

何回かここ宮地嶽神社には来ているんですが、境内の奥まで行ったことはありませんでした。


奥へ進んでビックリ。

広くてなだらかな丘の芝生公園があるじゃあないですか。



その中心になるのが、本物の菖蒲池。

DSC_0024.JPG

ひし形の木造り回廊が小粋です。


DSC_0042.JPG

野外ステージや古民家も点在していまして、中では竹細工や革細工、布づくりの工芸品が売られていました。

DSC_0045.JPG

木製のジオラマ人形に巧の技を感じたのでスナップ一枚。

一番奥にはヤギや馬も放し飼いにされていました。


晴天の一日。

ぶ〜らぶ〜ら歩き回っ他の後に、松ヶ枝餅を買ってから帰りました。



posted by 田沼 at 04:46| Comment(0) | 大人の遠足旅日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月13日

春の陽気に誘われてちょっとスナップ

今日は晴天の日曜日。

心配していた雨や風の影響もなく、駕与丁公園(福岡県粕屋町)の桜が今を盛りと咲いています。

スナップ写真を撮りに行かねば・・・・。


公園のあちこちに、ピンクの靄が掛かっているようです。

前日から長男と打ち合わせて、花見の宴。


DSC_0039.JPG

駕与丁公園の一番奥、丘の上に風車や遊具、バラ園があります。

ここが今回のベース基地。

DSC_0025.JPG

弁当を持ってエッチラコッチラ。

早々に食べ終え、孫たちが遊んでいる姿を横に見ながらスナップ撮影。

DSC_0007.JPG

歩道橋の上から桜をボカシ撮り。

池の向こうに立花山の稜線が見えます。

DSC_0049.JPG
池に張り出したコーナーの桜もきれいです。


DSC_0042.JPG


夜桜見物に夫婦で再度出発

DSC_0085.JPG

おぼろ月と一緒にスナップ一枚。


ここサンレイクかすや(生涯学習センター)の敷地内には、ライトアップされた桜がいっぱいです。

DSC_0059.JPG

室内からの景色は、額に描いた絵の様です。

DSC_0080.JPG

近隣から昼間よりも多くの人々が集まります。

DSC_0075.JPG

のり面の上、県道沿いの桜が見事です。


周辺地域で有名な花見のポイントでした。



posted by 田沼 at 06:52| Comment(2) | 大人の遠足旅日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月09日

最近、「いとしま」が人気らしい

10年ほど前から、ローカル放送ではたびたび捉えられるようになりました。

特に冬のカキ小屋の番組は多いですね。

福岡市の東に隣接する「糸島市」

数年前に前原市と志摩町、二丈町が平成の大合併で一つになりました。


最初に私が注目したのは、芸術家の工房でした。

糸島は田舎なもんで、土地代が安そうです。

それで、若い芸術家が移住して工房を開くようになりました。

焼物、和紙、絵画等々です。

その内に、海沿いを中心に小粋なレストランがオープンしだしました。

九州大学のキャンパスが移転を開始しました。

地元産業界も「いとしま」ブランドで市場に乗り出しました。

大きな団地やマーケットもできると、福岡市のベッドタウンとしての人気が高まりました。

地下鉄に直結した筑肥線や都市高速道路の存在も見逃せません。


では中央のテレビ局がさかんに撮影に訪れます。

地元のテレビ局は、さらに色々な企画を取り揃えて「いとしま」をアピールしています。

おかげで、福岡市の東部に位置する私の町は穏やかな住宅地になっています。

と言うより、活気さの具合でいうとずいぶん負けているように思います。

このブログで、福岡市東部を少しでもアピールできたら・・・と思っています。

posted by 田沼 at 06:00| Comment(0) | 大人の遠足旅日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月05日

ゆっくり歩いて1時間の湯布院旅

由布院駅に降り立ったら、晴天の空の向こうに由布岳が見えました。

(JRの駅名や地名は「由布」、温泉は湯布院温泉です。)

DSC_0028.JPG
左右がお土産屋さんで正面が由布岳

駅前をまっすぐ進み、有名なロールケーキ屋さんから湯ノ坪街道に入ります。

「トトロ」のお店を通り過ぎる先に、食べ物屋さんがいくつかあります。

DSC_0036.JPG
食べ歩きも楽しいものです。

今風のお土産屋さんも素通りします。

DSC_0043.JPG
甘いソフトが売りです。

DSC_0035.JPG
雨の日は小粋な雰囲気です。

たまには店先の工芸品に目を止めたりしますが、目的地は古くからの湯布院です。

DSC_0047.JPG
欲しかったんですが・・・

金麟湖の東側には、下ん湯といって観光客でも入れる露天風呂があります。

DSC_0049.JPG
小銭で誰でも・・・

ここからの眺めが一番好きなんですよね。

DSC_0054.JPG
金麟湖の撮影ポイント

金麟湖を左回りに歩いて行くと亀の井別荘という老舗旅館がありますが、その前の橋で振り返ると湯布院温泉の湯煙が見えます。

DSC_0060.JPG
建物の向こうに湯けむりが・・・

橋を渡ると、そこには亀の井別荘の建物がいくつか見えます。

DSC_0065.JPG
亀の井別荘の玄関付近

古民家をいくつも集めたようなたたずまい。

とっても素敵な空間を演出しています。




亀の井別荘を出たところに小川が流れていて、時々サギやカモを見かけます。

DSC_0076.JPG
この後、小魚をゲット

写真のサギは獲物を狙って、じっとしています。


小川沿いに歩いて、定宿の湯布院倶楽部までが約1時間です。

湯布院倶楽部のお得意さんですし、早めに予約したので景色のいい部屋をいただきました。

DSC_0080.JPG
部屋のベランダからの景色

私は3時にチェックインして、ゆっくり温泉を楽しみました。

奥さんは湯ノ坪街道を引き返して、お土産屋さん巡りを楽しんだようです。





posted by 田沼 at 04:45| Comment(0) | 大人の遠足旅日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月21日

湯布院にでも行こうかな

最近、安近短の旅行に行っていません。

息子達がくれた還暦祝いの旅行券も残っています。

湯布院くらいなら、特急「ゆふいんの森」号にも乗れそうです。


真冬の湯布院は雪に閉ざされることもあるので、車で行くのは躊躇されます。

九州地方にどか雪でもあれば、むしろ列車旅行は最高ではないでしょうか。

雪の露天風呂を楽しむことも出来ます。

onsen_ojiisan.png


奥さんを誘っても重い腰を上げようとしませんもんで、勝手に切符を購入しようかと作戦を練っているところです。

なんなら、あこがれの一人旅というのもいいかもしれません。

博多駅から特急『ゆふいん院の森』号に乗って行くんです。

外観や車内を可能な限り写真撮影しながら・・・。

湯布院の町を散策するのはもう飽きましたので、立ち寄り湯の梯子をするのもいいでしょう。

一人旅なら、食事は何だっていいんです。

夜は地元の居酒屋に行くというのもいいかもしれません。

朝は寒いので、宿のビュッフェにしましょうか。

「夢は山野を駆け巡る」というのはこのことでしょう。



posted by 田沼 at 07:27| Comment(0) | 大人の遠足旅日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年12月27日

南国土佐を後にして

南国土佐を後にして・・・というのは、ペギー葉山の名曲ですね。

今回、その土佐の高知を訪れることになりました。

土佐から離れていく(後にして)ではなくって、「土佐に行ってきました」なんです。

ちょっと、苦しいところです。



さて、土佐と言えばはりまや橋

20161117_211250.jpg

街中の片隅にひっそりとたたずんでいるという風情。

きれいです。

復元されたものですので、材質も大きさも違うんでしょうけどね。

タクシーの運転手さんが「がっかりしたでしょう」と心配気味に言いましたが、長崎の思案橋跡を知っている私からしたら立派なものに映りましたよ。


高知城もすぐ近くにあるんですが、大きな石垣に守られた山城でした。

20161117_102353.jpg

場内を見学し説明文をしっかり読みました。

おかげで、長曾我部氏と山内氏との関係を始めて勉強できました。



関ケ原の合戦に参戦した諸藩の兵数が、それぞれの石高に比例していることも知りました。

さらに、関ケ原の合戦後に豊臣方についた諸藩が領地没収になったのに比べ、徳川方についた藩の石高は大幅アップされた関係図を見るに至っては、「強者どもの夢の跡」を感じた次第です。


熊本市内のどこに行っても坂本龍馬の写真や看板がいっぱいでした。

20161118_121825.jpg

桂浜には、龍馬像が太平洋を望んで高くそびえ建っていました。

20161118_122212.jpg

幸いなことに、龍馬像の隣には期間限定でやぐらが組んであって、龍馬の顔を真横から見ることもできました。

20161118_121641.jpg

龍馬記念館の前では、シェイクハンドできる龍馬像が迎えてくれました。

20161118_130410.jpg



追伸

街中で、アンパンマンの石像も見かけましたのでスナップパチリ。

20161117_211204_Burst01.jpg


あっちこっち歩き回りましたので、散策の旅ということになりましょうか。



posted by 田沼 at 06:48| Comment(2) | 大人の遠足旅日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年12月14日

クリスマスマーケットin光の街・博多

博多駅前のイルミネーションは、福博の恒例行事になりました。

20161203_191725.jpg

光の門をくぐると、そこにはヨーロッパの街が再現されています。

20161203_191601.jpg

クリスマスツリーを中心にして、光の街という幻想的な空間も構成されています。

20161203_192339.jpg

ここでは、本場のソーセージやワインをふるまってくれますが少々高いです。

20161203_192145.jpg

いえ、べらぼうに高いです。


追伸

可愛い巫女さん姿の娘さんがいましたので、許可を得てスナップ撮影。

20161203_191621.jpg






posted by 田沼 at 17:26| Comment(2) | 大人の遠足旅日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年12月11日

福岡市役所前クリスマスマーケット

クリスマスマーケットとは、ヨーロッパの街の中心にある広場のこと。

20161203_180539.jpg

中心に置かれたクリスマスタワーの周りに様々なお店が並び、ヨーロッパの人々にとってなくてはならない冬の風物詩です。


20161203_180229.jpg

このクリスマスマーケットが福岡の新たな冬の風物詩として、天神福岡市役所前の広場に再現されました。




20161203_184017.jpg

職人手作りのクリスマスグッズ、シュトレインやマンデルといった伝統的なクリスマス菓子、そして毎年コレクションしたくなるオリジナルマグカップで飲めるグリューワイン(ホットワイン)。


音楽ライブにTV番組ショーなど、連日連夜、みんなが一つになれるイベントが目白押しです。




追伸



20161203_182931.jpg



紙コップのクラムチャウダーが500円、ホットワインが1000円とべらぼうに高いので、市役所横のコンビニでおでんも買い込みました。



20161203_180258.jpg

三輪の自転車タクシーもカメラに収めました。





posted by 田沼 at 14:56| Comment(0) | 大人の遠足旅日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年12月06日

竈門神社(かまどじんじゃ)の紅葉狩り

竈門神社(かまどじんじゃ)は、菅原道真で知られた福岡県大宰府の鬼門(東北)の位置にあります。

それで、「大宰府鎮護の神」として崇敬されています。


その竈門神社へ、今日は紅葉狩りにやってきました。


福岡県地方は、つい先ごろまで日中の気温が20度を上回る状態でしたので、山々の紅葉が進んでいませんでした。


それが、この1〜2週間で一気に冬の気温になって、紅葉狩りが可能になりました。


本当は、もう少し待ちたいところなんですが、そうするとせっかくの紅葉が散ってしまいそうです。



20161123_103552[1].jpg


大宰府の東側から始まる登山道を車で進むこと15分。


宝満山が目の前に迫ったところに竈門神社の山門が見えます。


ここからは、急な石段を歩いて上ることになります。


普通車が50台も止まれそうにない駐車場に、大型バスがピストン輸送で老若男女を連れてきています。



20161123_102757[1].jpg

上の写真の右側、近代的なガラス張りの建物があります。

研究所か高原ホテルみたいに見えますが、これが竈門神社の社務所なんです。

中に入ると、貴金属売り場みたいになっていますので、誰もが驚きの声を発します。

あまりにも古い神社とのギャップで、むしろ心地よい気さえします。

その社務所の下にも美しい紅葉が広がっています。

20161123_103237[1].jpg

しばらく紅葉を堪能して帰路につきました。



その途中、志免町の資(すけ)さんうどんに立ち寄りました。

大好きな博多名物「肉ごぼう天うどん」を食べて一日を終了することにしました。


20161123_114601.jpg






にほんブログ村


以下は同じカテゴリの記事です↓
posted by 田沼 at 05:55| Comment(0) | 大人の遠足旅日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年12月04日

博多の奥座敷 二日市温泉

雨の日曜日です。

yjimage.jpg
福岡県筑紫野市の二日市温泉にやって来ました。

ここは「博多の奥座敷」という懐かしいキャッチコピーが今も付いています。

私の記憶では、福岡市周辺で一番早く温泉地として栄えた街だったように思います。

中心街は未だに道が狭くて、昔は浴衣姿の親父さんたちが土産物屋を冷やかして歩いたのかもしれません。

小粋なお姉さんの姿も目に浮かぶような気がします。



目的地は、温泉博士の三男がおすすめの二日市温泉「博多湯」。

表の造りが、道後温泉を彷彿とさせます。

入浴料300円を払えば、いよいよ源泉かけ流しの温泉です。


20161127_151425.jpg

階段を降りたところに、湯船があります。

この造りも道後温泉と似ています。


昔の温泉ですので、小さめの湯船です。

そう、10人も入ればいっぱいというところでしょうか。

これがぬるめのいい湯なんです。

いくらでも浸かっていたい気がします。

無題.png

あまりにも気持ちがよくってだら〜っとしたら、2階に上がって一休み。

清潔で美しい部屋がいくつも並んでいます。

大部屋につないで宴会もできるのかな?

個室を取って、家族でゆっくりすることもできるらしいです。

休憩室で、30分ほどゆっくりして家路をたどりました。

いつまでも体がポカポカしていたことをご報告します。



posted by 田沼 at 04:21| Comment(0) | 大人の遠足旅日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年11月22日

今日も桜島は雄大です

鹿児島にちょいと用事で行ったもんで、桜島をカメラに収めてきました。



ずは、鹿児島市の北部、吉野公園展望台からの撮影。

IMG_20161029_154128.jpg

展望台ですので、眼下に桜島を見下ろすような感覚が楽しめます。

タダの双眼鏡が設置されていていますので、対岸の山裾のや町の様子が一望できます。



港には練習船の日本丸が停泊していましたので、桜島と一緒に撮影しました。

IMG_20161029_170726.jpg

港には広い公園があって、とても気持ちいい眺めでした。

フィッシャーマンズワーフみたいな施設あって、ゆっくり一日楽しめそうです。



薩摩藩主の別邸、仙巌園(せんがんえん)のお庭からもスナップ一発。

IMG_20161030_105952.jpg

別邸の横は、薩摩時代の工場群が復元されています。

溶鉱炉があったり、ガラス細工工場があったり。

当時のヨーロッパ技術者の宿泊所(異人館)も見学しました。




追伸ですが、宿の部屋に大満足。

ビジネスホテル料金だったんですが、通常のツイン部屋と10畳の和室が合体した部屋を使うことができました。


IMG_20161029_174847.jpg

ちょうど、団体さんが2組あったもんで、部屋がここしか空いてなかったということなんです。

大儲けの旅でした。




posted by 田沼 at 17:40| Comment(0) | 大人の遠足旅日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年10月27日

長崎は路面電車が走る街


京都や札幌、広島と同じく長崎も路面電車が走る街です。

平地が少ない長崎では、路面電車は庶民の公共交通機関として重要です。

通勤時には渋滞がないので目的地への到着時間が計算できます。

主要な観光地はカバーしているので観光客が移動するにも便利です。


長崎の路面電車は、他の都市で使用済みになった中古車両を購入している場合が多いようです。

形がまちまちで、塗装も違っています。

電亭に座って、じっと見ているだけでも楽しいです。


長崎駅前の歩道橋や中央橋の電停に立っていると、色々な路面電車を撮影できます。


↓ 元祖 長崎の路面電車?

長崎 024.jpg


↓ 長崎市の北部 長崎大学方面は住宅街。

長崎 025.jpg


↓ 長崎市の繁華街 浜の町や思案橋方面に。

思案橋で降りて、中華街をさるき(歩き)、グラバー園までというコースがおすすめ。

長崎 040.jpg


↓ ヨーロッパからの輸入?と思ってしまうフォルム 諏訪神社やシーボルト記念館方面。

ちなみに、諏訪神社は長崎くんちのメイン会場です。


長崎 041.jpg




posted by 田沼 at 05:06| Comment(0) | 大人の遠足旅日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする