2018年06月07日

(怪)100円ショップで買った霧吹きがおもしろい

100円ショップのダイソーで霧吹き器を見つけました。

300円という価格ですので、試しに使ってみてもいいかなと思いました。

実はずいぶん前にTVで紹介されていた便利グッツなんです。


20180524_092601.jpg正式名を加圧式霧吹き(ペッドポトル用)といいます。

読んで字のごとく、使用済みのペッドボトルに装着して使います。

液体を入れて、注射器のピストンみたいな棒をポンピング式にスポスポやります。

すると、ペッドボトル内の気圧が上がって、ノズルから噴射される仕組みになっています。


すぐに壊れそうな気もしますが、10回でも使えればいいところでしょう。

家庭菜園程度の広さなら十分に機能しそうな気がします。

なんといっても300円で遊べるんですから、これで良しとしましょう


さっそく、トマトトーンを散布するのに使いました。

ネットで玄米アミノ酸液をゲットしましたので、この散布にも活用しました。

両方とも適当に薄めて使用しましたが、実に頼りない噴霧状態でした。

ベランダ菜園用かもしれません。



次回は、病気の予防剤や殺虫剤にも使用してみましょうかと思っています。

豊作につながれば、これに越したことはありません。





posted by 田沼 at 05:17| Comment(0) | 節約と小遣い稼ぎで生きる | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年05月30日

車の買い替えは数年後になるかな。

今の車は13年目に突入しています。

走行距離もやっぱり13万kmほど。

車検を受けたばっかりなので、すこぶる調子がいいです。

それでも次の車を・・・と考え始めました。


car_compact.png次の車は、もう軽自動車ということになるでしょう。

数年後のことになりますので、私の行動半径が狭くなっているはずです。

遠出するときには、公共の交通機関で・・・ということになるでしょうね。


今でも長く運転するのはしんどいし、運転能力も劣化していることでしょう。

それなら免許証を変換してしまえばいい…なんて言わないでくださいよ。

田舎は、車がないと生活できないんです。

歩いてスーパーに行けたとしても、荷物を持って帰るときはやっぱり車が必要なんです。

ホームセンターに行くのに、バスに乗って‥なんてできませんよね。

第一、バス停やJRの駅までが10分はかかります。


春や秋ならいいですが、夏や冬ともなると危険な10分間になってしまいます。


かくして、次の車は軽自動車。

それも前後の運転安全装置がばっちりのやつがいいですね。

子どもが飛び出してきて、ブレーキとアクセルを踏み間違えたら大変です。

立体駐車場で、前進とバックを間違えても命とりです。


駐車時のバックモニターも欲しいところです。

その点、最近の軽自動車には標準装備になっているものが多いと聞いていますので安心しています。


さてさて、次の時代はやっぱり電気自動車ということになるでしょうね。

ガソリン車の未来は先が見えているように思っています。

今は高値の電気自動車も、数年後には大量生産されて価格ダウンが起こることでしょう。

排ガス規制の時がそうでした。

ホンダが世界に先駆けてCVCCエンジンを作ったら、世界中の自動車会社が排ガス規制の前に目標を達成しました。


ワーステアリングや電動ミラー、ドライブナビ、オートマギアは、高級車にしか装備されていませんでした。

それが今では、軽自動車も含めてほとんど全車に標準装備となっています。

きっと、きっと近い将来に電動自動車が当たり前になり、自動運転車も珍しくない時代が来ると思います。



そう、数年後の話です。

その時になったら、車を買い替えることにしましょうかね。


うん?

同じような記事を先にも書いたかな???

ちょっと、ボケてきてますかね。





posted by 田沼 at 05:15| Comment(0) | 節約と小遣い稼ぎで生きる | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年05月25日

17年モデルのエアコン2台がターゲット

ついに和室にエアコンを付けました。

人が泊まった時に、あまりにも暑かったり寒かったりしたら申し訳ないですもんね。


eakon_kouji.png
ついでと言っちゃあなんですが、奥さんのお部屋にも新しいのを1台設置しました。

40年ほど前に設置していたエアコンがいつのころからか動かなくなって久しかったからです。

奥さんが頑としてエアコンを拒んでいたんです。


子どもたちからは熱中症を心配する声が上がっていましたが、やっぱり聞き入れませんでした。

しかし、孫たちが立ち寄った時に涼しい環境で過ごさせたいという気持ちが、心を変えさせたようです。


なにしろ、いまだにエアコンを使うのは贅沢と決めつけている人なんです。

朝の涼しいうちにスイッチをONにすれば電気代も安くつくと言っても、もったいないと言って納得しませんでした。

人が居る部屋だけつけて、小まめにスイッチをON、OFFすべきだと考えているんです。


さて、2台のエアコンですが、ヤマダ電機でずいぶんと安く買うことができました。

ラジオで盛んに17年モデルの安売りを宣伝していましたので、今なら安く買えると踏んだのです。

梅雨以降は18年モデルじゃないと売れないはずだから、メーカーも17年モデルを売ってしまいたいはずです。

つい3月までは新型モデルだったんですから、性能に大きな違いはないはずです。

そんでもって、ターゲットは17年モデルのエアコン2台と定めました。


ヤマダ電機に行くと売り場には幸いにもメーカーさんが来ていましたので、値引き交渉もスムーズにできました。

「17モデルを2台買うつもりです」と言ったら、ホイホイと話に乗ってきてくれました。

表示価格では1台27万円強のエアコンなんですが、2台なら40万円でいいとのこと。

それでも取り付け費用や税金、諸費用をつければやっぱり45万円を超えそうです。


そこで今度は、ヤマダ電機の売り場の担当さんの登場となります。

とってもいい人(?)でした。

いろいろ相談(?)しているうちに、とんとん拍子に話が進んだんです。

「なんもかんも混みで40万円にしてくれるなら、今日のうちに買う」と言うと、なんとそれにOKが出たではありませんか。


値引き交渉は、やってみるもんです。

車を買う時の経験が、ずいぶんと役に立ちました。


追伸

安くなった分で、新型ipadの9.7インチ、Wi-Fiモデルを買いました。

奥さんは前から持っているし、私のは古いminiだったので、新しいipadは私専用です。




posted by 田沼 at 05:24| Comment(2) | 節約と小遣い稼ぎで生きる | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年05月21日

驚き 振り込み代ってこんなに高いんだ!

6000円を振り込もうと思って農協に行ったら、すでに閉店していました。

16:00過ぎに行ったんですから、当たり前のことなんです。

初めからATMを使おうと決めていました。


ところが、現金では受け付けてくれないんです。

通帳かカードによる振り込みしか選択肢がありません。

別の日に再度やってみてもよかったんですが、思いついたが吉日とばかりにその日のうちに振り込んでしまおうと思いました。

だってすぐ近くにシティ銀行があって、そこならカードも持っています。


bank_a21.pngちょいと移動して、やっぱりシティ銀行のATMへ。

なにしろ、振り込みなんてあまりやったことがないので四苦八苦しながらの体験です。

最近の振り込みには「振り込み詐欺」への警鐘画面が出てくるなんて知りませんでした。

「おもしろいなあ」なんてのんきなことを考えているうちに、手数料の表示が出てきました。

なんと432円です。


農協以外の銀行から、しかも16:00を過ぎての手続きだから仕方がないと言えば仕方がないことなんですけどね。

年金生活者にとっては、びっくりするほどの高さです。

6000円に対して、432円の手数料!

驚き、桃ノ木、山椒の木です。

うどんが一杯食べられる金額です。

手続きを辞めてしまおうかとも思ったんです。

「直接払込みに行こうか」とか「農協に行って通常の納金をしようか」とも考えました。


が、そこはコンピュータほどにずっこい私の頭。

今日のガソリン代と次回のガソリン代を足せば、400円以上になるかもしれない・・・・。

一瞬でそんな計算をしました。

そえで、結局はその日に振り込んでしまいました。


ああ!

実にもったいない話です。

もう、振り込みなんて絶対にやらないぞ・・・と反省したことは言うまでもありません。

次回は必ず相手先に現金で納金することにします。





posted by 田沼 at 05:01| Comment(3) | 節約と小遣い稼ぎで生きる | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年05月16日

完全定年したらガソリン代が月3000円

4月から完全定年に入った私。

暇つぶしに忙しいですが、実に快適な毎日を送っています。


最近は行動半径が小さくなっているものですから、ガソリン代が少なくて済んでいます。

car_gasoline.png何しろ普段の生活は、判径5キロ以内で事足りているんです。


イオンモールもホームセンターも役場も図書館も病院も・・・みんな判径5キロ以内にあるんです。

だから、基本的にはこの半径内で十分生活できるんです。


現役時代のように通勤で毎日往復20kmを運転する必要はありません。

再就職先も2kmくらいでしたので、気候がいい時は歩くこともありました。

それも3月で終了。


完全定年となった今、遠出する時は電車を使っています。

健康のために少しでも歩くことを習慣づけたいし、運転で神経が疲れることもいやですもんね。

ドライブがてら・・・というのは、若い時代の話です。


電車を使うと外にもメリットはあります。

道を尋ねたり電車の乗り方を尋ねたりしなくてはいけませんので、人とのコミュニケーションが生まれます。

周りの景色や建物をゆっくり眺めることができますので、季節を感じたり、人の営みを感じたりできます。

スマホの地図で目的地を探したり、調べ物をしたりできますので頭の体操にもなります。

ビールを飲んだり、蔵開きの酒や焼酎を試飲したり・・・・。

心身にとって、良いことづくめです。


かくして、ガソリン代が3000円で済んでいるというわけです。





posted by 田沼 at 05:26| Comment(0) | 節約と小遣い稼ぎで生きる | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年05月11日

なんでもかんでも有線放送会社にお任せで節約気分

J:COMって、全国規模の企業ですよね。

皆さんもご存じだろうと思います。

有線放送のメーカーという紹介でいいんでしょうか?


money_chokinbako.png
最初に加入したのは、もう10年以上にもなります。

それまでは衛星放送が観たいと思って、自分でパラボラアンテナなんかを買ってきて設置していました。

有線TVのケーブルが近くまで来ていなかったんです。

そのうち、我が家にも有線TVを引くことができるようになったのを機会にJ:COMに加入しました。


定年したら映画を思う存分観たい・・・と思ったのです。

しかし、当時はまだまだストレス三昧の現役時代です。

TVを観る余裕なんてありませんでした。


そうこうしているうちに、定年が近づきました。

収入がなくなるんですから、あらゆるところを節約しなくてはいけません。

ちょうど電力自由化の大きな波が巷に押し寄せていたころ、J:COMから新たな提案です。


電気や携帯もJ:COMにしませんか。


大して考えもせずに「ハイ、ハイ。お任せします」と手を挙げたのが、今の我が家のシステムチェンジというわけです。

家の電気も、夫婦二人分の携帯も、TVも、有線電話も、ネットも。

み〜んな一緒くたにJ:COMにしたら、節約になると言うんです。

このシステムを利用しない手はありません。

daradara_woman_syufu.png
有線TVで観ることができるチャンネルを必要な数に絞り込むという操作もしました。


あれから数年。

結局、J:COMの映画はあまり観てないですねえ。

J:COMチャンネルは、もっぱら奥さんが教養を高めるのみの仕様となっています。

歴史や英語や文化財や・・等々


私はというと、もっぱらネットでTV番組も映画放送も観ているところです。

奥さんが利用していますので、完全にJ:COMチャンネルは解約できないでします。

それでも、全体としてはずいぶんな節約になっているのじゃないでしょうか。





posted by 田沼 at 05:28| Comment(0) | 節約と小遣い稼ぎで生きる | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年04月23日

13年目の車検工場を変えてみた

10年を超えた車に乗っていますが、整備はディーラーに任せていました。

これまでの車検を何回も任せていたので、それなりの信頼感はありました。

しかし、13年目ともなるとちょっと車検工場を変えてみたくもなりました。。


そんな時に現れたのが地元の自動車部品のチェーン店。

車関連の部品やアクセサリーなどを販売する傍ら、車検や修理も行っているチェーン店です。


先日、タイヤ交換してもらった店でした。

その時の対応が良心的で、丁寧だったのです。

それで、13回目の車検をお願いしようと思ったわけです。

家庭的な雰囲気で接してくれるので、こちらも安心していろいろ相談できるような気もしました。

car_syaken_seibi.png

ディーラーからの早めの車検予約を勧めるはがきや電話連絡もありました。

大きな企業ですので仕方ないかもしれませんが、全く担当者の顔の見えない連絡でした。

決して、不満が残る連絡というわけではありません。

強いて言えば、愛車を挟んだパートナーとしての信頼を実感できなかったんです。

何かが悪いわけではなくて、ただただ信頼感や親近感を感じなかったというだけです。

担当者が変わったというのも大きな原因になっているかもしれません。


定年後3年を終えたけじめの時期ということもあります。

車検を地元の専門店にお願いするのもいいだろうと思いました。

家族的な雰囲気で接してくれたことを重視したのです。

逆に、身近だから専門性に不安を覚えたのも事実です。


この不安は、杞憂に終わりました。

出来上がった車は、実に整備十分な状態です。

音は静かになりましたし、発進の際のグンという急発進感もなくなりました。

走行中の違和感は皆無といった具合です。

ディーラーに勝るとも劣らない整備状態には、大いに満足しています。

掛かり付けの専門医を探し当てたという感じがします。


車検終了後に、ナビの地図のグレードUPを頼んだんですが、すぐに対応してくれた点もうれしかったです。

新たなパートナーを得られて幸せです。

「今の車を20年は乗り続けたい」というと、力強く「わかりました。任せてください」という言葉をいただいて感謝感激でもありました。


追伸

サービスとして卵のワンパックをもらったのが、この店を気に入った大きな要因だったかもしれません。




posted by 田沼 at 07:26| Comment(0) | 節約と小遣い稼ぎで生きる | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年04月16日

今だから断捨離に意欲を燃やしています

雨の日は畑仕事ができないので、家の中の大掃除に取り掛かっています。


大掃除は暮れにするもんでしょう?

・・なんて言わないでくださいね。

気候がいい今だからこそ頑張れるというものです。


なんて言ってますが、本当は単なる思い付きなんです。

押し入れを開けたら、もう20年も使っていない布団がどっさりです。

いつか使うから・・・とか、いつか処分するからとか・・・で、20年間そのままになっていた布団です。

oosouji_gomidashi.png

縁側には、開かずの扉まであります。

収納庫の前にイケヤ風の洋箪笥を置いたもんで、やっぱり20年くらい出し入れしなかった布団がどっさりです。

旅館が開けそうなくらいに古い布団があります。


気づいた時が、実行の時。

本当は暇つぶしの一環なんですけどね。


中には上等な2枚合わせの毛布まであります。

捨てるにはもったいない・・・・なんて思っていたから、20年もそのままだったんです。



ちょうど、収納庫の大切さが叫ばれるようになって久しい昨今。

使わないものを捨てれば、そこに収納のための大空間が得られるのです。


取捨選択なんてしません。

みんなまとめて、粗大ごみ処理場へ。


聞くところによると、その処理場には業者さんが粗大ごみの選別に当たっていて、再利用されそうなものは大切に復活させるんだそうです。

リユースが出来るんですから、ありがたい限りです。

この話に力を得て、週に一度はゴミ出しすることにしました。


昔の本や衣類やビン、雑貨などが、まだまだ家の中や敷地内にはいっぱいです。

子どもたちの荷物や両親の遺品もいまだに残っている気がします。


リサイクルしてお金に変えようなんて、悠長に考えている暇なんてありません。

そう思っている間に、20年も過ぎてしまいます。

その頃に大掃除しようと思っても、体がどのくらい動くことでしょう。


やっぱり思い立ったが吉日です。

完全なる断捨離に意欲を燃やすことにしましょう。




posted by 田沼 at 04:50| Comment(2) | 節約と小遣い稼ぎで生きる | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年04月09日

知人から机や椅子、金属製の棚をもらった

知人の引っ越しの手伝いをしたことは、先の記事で紹介しました。

沢山の家具を捨てていくというのです。

「捨てるくらいなら、もらっていいか」と問うと二つ返事でOKが出ました。


ソファーやベットはスプリングが随分とへたっていますし、もらっても置き場に困ります。

木製の棚やカラーボックスも痛みがひどいようです。


それに引き替え、1m×1mの小さな机やその椅子、金属の飾り棚はまだまだ新しいです。

これはゲットすることにしました。


喜び勇んでもらった家具は家の玄関に置いて、その日は再度引っ越しの手伝いに出かけました。

夕方にレンタカーを返して帰宅すると、机と椅子がありません。

奥さんに聞くと「私が貰うけん」の一言。

若者達に手伝ってもらって、既に2階に上げたんだそうです。

DSC_0114.JPG

ちなみに、奥さんの部屋は2階の4部屋全部です。

机や椅子を置く余裕があったのです。


DSC_0112.JPG


私はというと、1階北西の端、暗い4畳半ですので余裕がありません。

残った金属の飾り棚だけは庭ののプランター置きに使いたいと思っています。

これだけは死守するつもりです。




posted by 田沼 at 06:23| Comment(0) | 節約と小遣い稼ぎで生きる | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年04月07日

ケチらずに使うことも大切にして人生を楽しむ

定年後の人生を考えると、経済的な不安が一番大きいですよね。

不安とまではいかないけど、万人が一度は精査することでしょう。

いくらかの余裕があっても、やっぱり心配です。

そして、「収入がないんですから節約しよう」と考えるのは小市民の常というものです。


かく言う私も日常的に節約生活を送っています。

ただ、あんまりケチケチな生活をしていても暗くなってしまいますよね。

みじめったらしい生活を続けていると、何のための定年、黄金の時代なのか分からなくなってしまいます。

money_futoppara.png
時には、子どもや孫と外食したり、プレゼントしたり・・・。

映画を見ることも、旅行に行くこともあります。

大人買いすることだってありますよ。

他人が見たら全く不要なものでも、欲しくなってついつい買ってしまいます。


こんな時はパッパッと使って、あんまり考えないようにしています。

どんなに高くても10万円以下ですから、人生を間違うほどではありません。

毎月、そんな支出を繰り返しているわけでもありません。


「ちゃんとし過ぎない支出管理」なんていう言葉もあるようですね。

過ぎたるは及ばざるがごとしというところでしょうか。


支出の管理はしなくてはいけません。

投資話に乗って全財産をなくすのは、まっぴら御免です。

しかし、使い過ぎるのもよくありませんが節約し過ぎるのもどうかと思います。

人生を狭い範囲の中でしか生きられなくなってしまいます。


じゃあ、どうするか。


家計簿をつけるのは面倒ですが、日記帳や手帳に、支出した額を書いていくのがいいそうです。

金額や支出の度合いを意識することになるし、客観的な視点に立って反省もできるんだそうです。


奥さんに相談することも大切ですね。



posted by 田沼 at 04:56| Comment(2) | 節約と小遣い稼ぎで生きる | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年04月06日

夕食の残りは翌朝に再利用してご馳走様

まあ当たり前と言えば、当たり前なお話なんですけどね。


どこのご家庭でも、前日の鍋料理なんかは再利用してますよね。
NB40_28.JPG


カレーは翌朝そのまま食べたり、カツカレーにしたり、キーマカレーにしたり・・・。

おでんやうどん、お吸い物の出汁を味噌汁の出汁に使うと、これまた美味なことはよく知られています。

椎茸の出汁や昆布の出汁が効いた朝の味噌汁は、添えだけで極上の一品と言えるかも知れません。

おでんを使って、夕食のカレー作りというのもあります。



鍋料理の残りも当然利用します。

博多水炊きの残りを味噌汁の出汁にするなんて贅沢の極みです。

そのまま麺を落とせば、あっさりとしたラーメンが出来上がります。

無題.pngおじやにすれば、朝の食卓が盛り上がります。



すき焼きの残りは、牛丼になりますよね。

卵を落とせば、牛すき焼き丼が朝から食べられます。

ボリューム感が半端ないです。



かくして、小市民の朝は明けていくのでした。



posted by 田沼 at 09:35| Comment(0) | 節約と小遣い稼ぎで生きる | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年03月21日

この冬の灯油代はだいたい5000円

この冬の灯油代はだいたい5000円ほどでした。



goods_touyu_pump_tank.png我が独居部屋では11月下旬頃から温風ヒーターを入れ出しました。

つい最近、この冬最後の灯油を買いに行きました。

小銭分の532円で、灯油缶の1/3程が手に入りました。

このスタンドは、小銭でも買えるのです。



一日の内で独居部屋でヒーターを使うのは5時間低度。

四六時中使っているわけでありません。

加えて、温度設定は17℃くらいにしているので、節約型の使用ということになります。



ヒーターを椅子の後方1mくらいに置くと、椅子の下から机の下に向かって温風が流れます。

机にコタツ布団みたいにしてバスタオルも設置しています。

コタツ効果による局所暖房と温風ヒーターの部屋暖房が効いています。

17℃の設定で十分なんです。


kaden_gas_fan_heater.png
それでも熱いくらいに感じた時は、ヒーターを遠ざけて使っています。

雪国の人は、冬を快適に過ごすために薄着(Tシャツなど)をするそうですね。

我が家でそんなことをすると奥さんに叱られます。

それなりの暖かい服装をしています。



それでも厳しい寒さを感じることがなくなりました。

自分の部屋に閉じこもって、自分らしくシニアライフを楽しめた次第です。





posted by 田沼 at 05:58| Comment(0) | 節約と小遣い稼ぎで生きる | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年03月18日

確定申告は今年も奥さん任せ

昔から公文書とか書類とかいうのが苦手だった私です。

それで、定年後の確定申告は全て奥さん任せにしています。

医療費の控除を受けるだけなんですが、これも節約術の一つと思って頑張っています。


zei_kakuteishinkoku.png

この一年に掛かった病院の領収証を、数日前から奥さんが整理しています。

やれ、ホッチギスを持って来い。

電卓はどこ行った。

という奥さんの声に敏感に反応しながらの数日が続きました。


そして、先日は役場(税務署ではありません)へ車でご送迎です。

締め切り間近だったので、大勢の人が並んでいるかと思いきや、午後は一番で手続きできたらしいです。


領収証の一枚一枚、一項目一項目に目を光らせる担当者さんもいるようですが、最近は細かな質問もないとのことです。

今回の手続きはこちら側の言い分通りに通ってお咎めもなかったということ。

だって、ネットで申告してもいいという時代になったんですもんね。


この申告で医療費を控除された分の税金を払って、無罪釈放です。

納税義務を果たしたんですから、来年度も胸を張って生きていくことにしましょう。



posted by 田沼 at 06:20| Comment(0) | 節約と小遣い稼ぎで生きる | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年03月17日

我が家の金銭感覚はやっぱり庶民派だった

奥さんが自分の部屋の照明器具のことで悩んでいます。

35年ほど使い込んだ照明が古くなったので、買い換えを考えているようです。

money_kechi.png
シャンデリア風の照明にしたいんですが、なかなかいい物が見つかりません。

予算との相性が一番のネックになっているようです。



それでも福岡県最大のホームセンター「ハンズマン」で、気に入った照明が見つかったらしいのです。

3万円というのですからが、安い買い物ではなかろうかと思います。


しかし、奥さんは悩んでいます。

奥さんの感覚からすると、自分の部屋に取り付けるには高すぎるんじゃあないだろうかと。



そこで、ふと考えてみました。

内の家でスムーズに買い物できる金額っていくらくらいなんだろう?

悩むこともなく購入できる金額です。


1000円程度なら、悩みはしないでしょうね。

3000円になると、ちょっとは考えます。

5000円になると、一度じっくり考えます。


10000円ともなると、覚悟が入りますねえ。

それでも、50000円までは、それほど贅沢をしたという感覚は無いかも知れません。


100000円を超える頃になると、一応ご相談ということになるでしょうね。

200000円を超えると、清水の舞台が思い浮かびます。



それ以上になると、むしろ感覚がなくなってきそうです。

やっぱり我が家は、庶民の家なんですねえ。

小市民と言いましょうか。

お金の単位が、実にみみっちいです。

関西風に言うなら、渋ちんなんでしょうかねえ。

我ながらイヤになってしまいます。


でも、こんな金銭感覚なんですから、老後破産だけはしないと確信できますよ。


追伸

それなのに、ああ、それなのに。

東大を出た偉い人たちは、その庶民から絞り上げた税金を「忖度」なんてもんで使ってしまったんですよね。

しかも、公文書まで・・・・・。



posted by 田沼 at 05:08| Comment(0) | 節約と小遣い稼ぎで生きる | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年03月08日

下着が4000円 目の玉飛び出した

イオンモールのチラシで、暖か下着が半額というお知らせ。

冬物総ざらえというところでしょうか。

そんなコピーに誘われて、やってきましたよイオンモール福岡。



2Fに上がって、真ん中辺。

あります、あります。

ワゴンに乗った冬のインナーの総ざらえ品です。

ビニール袋に入って山積みされています。


1300円余りのインナーが半額。

思わず何枚も手にして、心はク〜ンと傾きました。
ヒートテックのイオン版なんですから、買って損する品ではないでしょう。



はたと冷静になると、横にHAIというブランド品。

ハンガーにかけられたインナーが目に止まりました。

ちょいとつまんで、感触を図ります。

案外いい感じです。



値札を見ると、目ん玉が飛び出しそうになりました。

3000円代の後半なんです。

税金を入れると、4000円代。


これまで、登山をする人が絹の下着に数万円をかけると聞いたことがあります。

温かくって、通気性がいいのが特徴だそうです。

今回、目の前の品物のラベルを見ると同じような文言で消費者を誘っています。



そんな誘いにも心を強く持って、安い半額のイヨンのインナーにするか。

はたまた、4000円をかけて「これぞ究極」(庶民感覚で)というインナーにするか。

後者にするなら、清水の舞台から飛び降りなくてはいけません。


この歳です。

清水の舞台から飛び降りてやろうじゃないですか。


かくして、生まれて初めて4000円のインナーを購入したしだいです。

ちょっとだけ・・・そうほんのちょっとだけ目に涙が浮かびました。




追伸

寒くなった夜に早速装着してみました。

温かい。

実に暖かいです。

これで、来年の冬のお出かけもなんのその・・・という具合になればいいと思っています。




posted by 田沼 at 06:05| Comment(1) | 節約と小遣い稼ぎで生きる | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年03月04日

車載ナビにネットが繋がる未来

先日、東京で開催された家電フェアのブースのひとつで、車載ナビに「ネットを繋いだら・・・」というアピールがあったそうです。


car_jidou_unten.png既にタブレットやスマホを車載用キットに装着すれば、同様の機能が果たせていますよね。

それを、ナビ自体に搭載するというのですから、楽しい話題です。



ネットに繋いだら、どんなことが出来るんでしょう。

車で通過した付近の観光地をナビが案内してくれるかも知れません。

災害の際に避難誘導が可能かも知れません。

もしかしたら、停車時の広告の掲載や緊急ニュース報道が出来るのかも知れません。


当然、自動運転の端末としての機能も付いてくるはずです。

専門家は、もっともっと便利で面白い機能を考えているのでしょう。

楽しみに待っています。

5年後くらいに車を買い換える時には、そんなナビが搭載された車を選ぶことにしましょう。



posted by 田沼 at 05:23| Comment(0) | 節約と小遣い稼ぎで生きる | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年02月15日

退職金優遇定期で定年後の生活費の2ケ月分をゲット

退職金限定の定期で、2ケ月分の生活費を稼いだというお話です。

この時期の定番になっています。

記事を読んだ後は、どうぞ自己責任でご検討ください。


大手銀行の退職金優遇定期貯金というのをご存じでしょうか。

そんじゅそこらの投資話とは全く違います。

なにしろ、定期貯金の特別プランなんですから・・・。


退職金に限り、期間限定で金利が優遇されるというお話です。

かく言う私も、知人から教えて貰うまでは全く知らなかったことなんです。

そんな私に教えてくれた知人に、感謝、感謝です。

3年前の話です。


何度も言いますが、退職金を対象にした期間限定の定期貯金です。

yopparai_kaisya_office.png
通常の定期預金では1年定期で金利は0.25%というところでしょうか。

100万円を預けた場合で計算してみましょう。


100万円×0.0025=2500円(実際にはさらに税金を引くことになります)



退職金専用の優遇定期でも計算してみましょう。

福岡銀行では、昨年3ケ月限定の定期で2%というのがありました。

100万円×0.02×90日÷365日=4931円(実際にはさらに税金を引くことになります)
3ケ月という限定商品ですので、4倍の概算で1年分に直すと2万円ほどになるわけです。

2500円と2万円です。

これだけ違うんですから、私には「預けない」という選択肢はありませんでした。


福岡銀行では3ケ月に限定していますので、1年間を通じて預けるというわけにはいきません。

3ケ月したら、同じような優遇処置をしている他の銀行に預け直さなければいけないということになります。

例えば、福岡銀行→福岡シティ銀行→福岡中央銀行→三菱UFJ銀行・・・といった具合です。

どうせ退職後は暇なんだから・・・と始めましたので、苦にはなりませんでした。


だいたいどの銀行も「退職後1年以内」という条件も付いていますので、今回限りの限定商品ということになります。

金利を落として2年間・・というのもありますし、「半分は投資信託へ」とか「退職金以外の預金も合わせて」など条件は様々です

各銀行ごとにいろいろな条件があります。

ネットで簡単に調べられますので、果敢にアタックしてみてください。


もし、1000万円を預けるなら・・・。

もし、2000万円を預けるなら・・・。

もし、・・・・・。

と考えただけで、楽しくなります。


私の場合は、投資信託はやらずに半年定期とか2年定期も含めて行いました。

結果としては、銀行に預け直すだけの運用で2ケ月分の生活費をまかなえました。

やって損はなかったと思っています。



あとは、くれぐれも自己責任でご検討ください。



posted by 田沼 at 06:59| Comment(0) | 節約と小遣い稼ぎで生きる | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年01月31日

温風ヒーターは拠点方式で使う

冬、部屋を必要以上に暖かくして過ごすというのは、なんと贅沢ことでしょう。

小市民の精一杯の思い入れです。



エアコンをガンガン・・・なんてやりません。

そんなことしたら、皮膚はカサカサ、のどはカラカラになってしまいます。


居間では、20℃くらいに設定してエアコンを使っています。

コタツと併用しているので、案外暖かい冬の日々を送れています。

kaden_heater.png


男の独居部屋はというと、ちょっと違います。

もっぱら温風ヒーターに頼っています。

数年前まではオイルヒーターを利用していたんですが、即効性に欠けるんで止めてしまいました。

代わって導入したのが、超小型の温風ヒーター(横幅27cm×縦幅23cm×高さ37cm)という訳です。


主に机についてパソコンをいじっている時に活用しています。

椅子の後1mの位置で、17℃の温度設定です。

温風が椅子の下から机の下に流れ込みます。

机にひざ掛けのタオル(コタツの布団のような役目)を付けていますので、机の下に温風が溜まるような仕組みになっています。


椅子は生地がメッシュで出来ているので、お尻から背中に温風が昇ってきます。

部屋全体は温まらなくっても、机の周りはポッカポッカです。

いわゆる拠点方式というやつです。


17℃に温度設定していますので、経済的でもあります。

18リットルの灯油缶でいうと、一月に一回きりの購入で済みそうです。


上半身はヒートテックの下着とフリースの上着だけで、冬の日々を過ごしています。

汗をかきそうになると、ストーブを遠ざけます。

それでも暑い時には、ストーブの向きを変えています。


やっぱり、小市民ならではの贅沢というやつでしょうか。






posted by 田沼 at 05:51| Comment(0) | 節約と小遣い稼ぎで生きる | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年01月14日

40年前のコタツを復活させた

私が学生時代に使っていたコタツを復活させました。


結婚後40年近くというもの、奥さんの部屋で物置になっていたコタツです。


20171231_193222.jpg一人用のコタツで、天板の大きさが90cm。

丁度いい大きさです。


このたび、奥さんが三男のコタツをもらうことになって、私のコタツが邪魔になったらしいのです。

それで、40年ぶりに返してもらう事になりました。



上に衣類などを置く場所に使っていましたので、40年前と同じようにきれいな状態です。

電熱器も大丈夫そうなんですが、こればっかりは安全性を考えて別のキットに換えることにしました。

20171231_194843.jpg交換用の電熱キットは、ホームセンターでも家電量販店でも売っています。

ナフコでもヤマダ電機でも売っています。


早速買って来て、サイズを合わせたら若干のズレあり。

どうにかサイズを合わせて、交換完了。



寒い冬を乗りきるために頼りになる助っ人がまた一つ増えました。

これまでの助っ人は、温風ヒーターや電気毛布、オイルヒーター、USB対応電気毛布等々で、用途に応じて使い分けていました。


DSC_0051.JPG

男の隠れ家にこもって、どんな趣味にでも熱中できそうです。





posted by 田沼 at 10:40| Comment(2) | 節約と小遣い稼ぎで生きる | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年01月08日

次の自動車はEVと思ってはみたものの

今の車は、そろそろ12年車。

今回は20年は乗りたいのですが、その頃になったら電気自動車(EV)が主流になっていることでしょう。


そう思って調べてみたら、すでに随分前からいろいろな車種が出ているようです。

中でも一番カッコいいのがメルセデスのスマート・フォーツーという車。

見た感じが、トヨタのIQに似ています。

もしかいたら、トヨタは同じプラットホームを使っていつでもEVに切り替えられるように準備しているのかもしれません。


メルセデスのEVは随分前に発売されていて、オプション品や税金を加えると価格が200万円代といいます。

中古車でも、100万円前後。

高級な軽自動車というところでしょうか。

エアコンはどうなんでしょう。


日本の中小メーカーも発売していました。

しかし、奇抜な形状をしたものが多いようですね。

car_denki.png縦2列の二人乗りや一人乗りの三輪車、バイクの形状をしているものまであります。

なかなか街使用、買い物使用には難しいようです。

今は、電気自動車の可能性を提案している時期ですから、今はこんなものでしょう。


しかし、あのトヨタが「2025年度までにEV車を主流とする」と言ったんです。

近い将来、きっと低下価格(新車で100万円程度)の素晴らしい車が出てくることでしょう。

時代の先駆者に期待したいものです。

かつて、排ガス規制が厳しくなった頃、ホンダシビックCVCCの開発者が先駆者となりました。

スモールカーに関しては、日本が世界一の技術を持っているはずです。


販売台数が増えれば、価格帯もどんどん下がっていくことでしょう。

シェアの独占を図るために、利益を度外視した価格競争があるかもしれません。

消費者には、ありがたいことですね。


EVは中小の自動車メーカーでも、家電メーカーでも作れるそうです。

その気になれば、楽天だってソフトバンクだって・・・。

中小企業が設計・企画して、製作は大手専門メーカーに任せればいいです。

内燃機関の自動車製作に使っていた生産ラインをそのまま使うという離れ業も考えられます。


もし、次のマイカーを買うとしたら、やっぱり安全システムとエアコンが標準装備なものがいいですね。

その上、フル充電で300kmも走れたら、街使用にはもう完璧です。
それまでは、今の車に乗り続けることにしましょう。



posted by 田沼 at 07:23| Comment(0) | 節約と小遣い稼ぎで生きる | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする