2018年02月17日

狭いながらも楽しい我が部屋

私の独居部屋は4畳半。

ベッドと机と本棚、それに作り付けのタンスがあります。

teiden_on.png
この範囲は、全て私が自由にしていいことになっています。

壁を剥がそうが、天井を張り替えようが、何でもありということになっています。


今のところ、大がかりなリフォームはしていませんが、自分が使いやすいようにはしています。

基本的には、机の上とベッドの横にスイッチ類を集中させています。

あちこち動かないでいいようにしているんです。


机の上は、PCやオーディオ、カメラ関係を集中させてます。

ブログを書いたり、写真を取り込んだりが自由に出来ます。


ベッドの横は、照明や暖房関係のスイッチを集中させています。

寝ころんだままタブレットを操作したり、本を読んだりできます。

スイッチ類が近くにあるので、すぐに寝ることも出来るというわけです。


学生時代の下宿がやっぱり狭い部屋でした。

三畳ほどの部屋でしたので、真ん中に座れば大体のものには手が届きます。

竹刀の先にスパナを結びつけていましたので、カーテンを閉めたりTVのチャンネルを変えたり出来ました。

TVはひと夏のバイトで買ったモノクロでした。

チャンネルはまだまだアナログで、ガチャガチャと物理的に回転させるやつでした。

スパナがちょうどよく引っかかったんです。



そんな経験があるので、狭い部屋は慣れっこになっています。

いやいや、狭いからこそ楽しい我が家(我が部屋)というわけです。

ここは、奥さんの不可侵領域ということになっています。

そうしとかないと、いい気分で本を読んでいる最中に掃除機の音をゴーゴーさせかねないんです。

ゴロゴロしていると、怒られかねません。


今では、ウインドファンや小型の温風ヒーターも部屋専用に設置していますので、快適この上ない空間が出来ています。

今年からは、昔のコタツも復活させました。


部屋の外の敷地が空いていますので、DIYで部屋を建て増ししたいとも考えています。

密かに・・・・。



posted by 田沼 at 05:57| Comment(0) | ゆる〜い絵日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年02月16日

電気毛布に癒やされる毎日

若い頃は電気毛布なんて、考えもしませんでした。

最近になったら、実に有り難い家電のように思えてきました。

だって、全身をコタツの中に入れているようなもんですからね。

今使っているのは父が使っていた毛布ですので、もう随分前から我が家にあったんです。



denki_moufu.png

体の上に乗せるのではなくて、敷き布団とシーツの間に敷いています。

それで、体の下から温かさが伝わってきます。

上布団は、これまた10年以上前からの羽毛布団です。

温かさを逃がしません。


12月後半から3月初旬にかけて、部屋全体を温める必要が無い時に使っています。

気温が5℃以下になった時は5/10メモリで使います。

寝る時は2/10メモリに設定しています。


朝なんてぽかぽかなもんで、なかなか布団から抜け出せません。

抜け出すまでの至極の時間を毎日過ごしていると言い換えることもできます。


布団の中は、コタツと全く同じかそれ以上の癒やし空間となっているわけです。




posted by 田沼 at 05:22| Comment(2) | ゆる〜い絵日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年02月15日

退職金優遇定期で定年後の生活費の2ケ月分をゲット

退職金限定の定期で、2ケ月分の生活費を稼いだというお話です。

この時期の定番になっています。

記事を読んだ後は、どうぞ自己責任でご検討ください。


大手銀行の退職金優遇定期貯金というのをご存じでしょうか。

そんじゅそこらの投資話とは全く違います。

なにしろ、定期貯金の特別プランなんですから・・・。


退職金に限り、期間限定で金利が優遇されるというお話です。

かく言う私も、知人から教えて貰うまでは全く知らなかったことなんです。

そんな私に教えてくれた知人に、感謝、感謝です。

3年前の話です。


何度も言いますが、退職金を対象にした期間限定の定期貯金です。

yopparai_kaisya_office.png
通常の定期預金では1年定期で金利は0.25%というところでしょうか。

100万円を預けた場合で計算してみましょう。


100万円×0.0025=2500円(実際にはさらに税金を引くことになります)



退職金専用の優遇定期でも計算してみましょう。

福岡銀行では、昨年3ケ月限定の定期で2%というのがありました。

100万円×0.02×90日÷365日=4931円(実際にはさらに税金を引くことになります)
3ケ月という限定商品ですので、4倍の概算で1年分に直すと2万円ほどになるわけです。

2500円と2万円です。

これだけ違うんですから、私には「預けない」という選択肢はありませんでした。


福岡銀行では3ケ月に限定していますので、1年間を通じて預けるというわけにはいきません。

3ケ月したら、同じような優遇処置をしている他の銀行に預け直さなければいけないということになります。

例えば、福岡銀行→福岡シティ銀行→福岡中央銀行→三菱UFJ銀行・・・といった具合です。

どうせ退職後は暇なんだから・・・と始めましたので、苦にはなりませんでした。


だいたいどの銀行も「退職後1年以内」という条件も付いていますので、今回限りの限定商品ということになります。

金利を落として2年間・・というのもありますし、「半分は投資信託へ」とか「退職金以外の預金も合わせて」など条件は様々です

各銀行ごとにいろいろな条件があります。

ネットで簡単に調べられますので、果敢にアタックしてみてください。


もし、1000万円を預けるなら・・・。

もし、2000万円を預けるなら・・・。

もし、・・・・・。

と考えただけで、楽しくなります。


私の場合は、投資信託はやらずに半年定期とか2年定期も含めて行いました。

結果としては、銀行に預け直すだけの運用で2ケ月分の生活費をまかなえました。

やって損はなかったと思っています。



あとは、くれぐれも自己責任でご検討ください。



posted by 田沼 at 06:59| Comment(0) | 節約、小遣い稼ぎ、便利グッズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする