2017年06月17日

「もったいない」をなくすには「持たない」といいらしい

ズキ〜ンとくる言葉です。

何かの本の目次欄に載っていました。
sodai_gomi.png

たしかに、いらないものが家に溢れていますね。

しっり使った後ならいいんですが、無計画に買ったものもいくらかあるようです。

そんなものでも、もったいないと思ってなかなか捨てきれません。

そんでもって、年に何回かは大量に物を捨てている訳です。

もったいない話です。


衣類を捨てる時には、本当にもったいないと思ってしまいます。


ホームセンターのビニール袋やギフトの紙類。

自分ではどうしようもないものもありますね。


そこで一考です。

自分で考えて持たないでも過ごせるものは、待たないようにしましょう。

スーパーで衝動買いをすることがよくあります。

買ってしまうんですよねえ。

奥さんは、メモしたものしか買わないらしいです。

「お父さんと買い物に来ると、余計なものまで買うけん好かんちゃんねえ」てなものです。


それでも、最近洋服は買ってないですねえ。

靴もそうです。

断捨離して、部屋をかたずけたらすっきりしました。

しかし、持っているものを断捨離するくらいなら、最初から「持たない」ようにすればいいはずです。



今後はこの方針でいくことにします。

節約にもなりますもんねえ。





posted by 田沼 at 09:51| Comment(1) | 定年後を考える | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月16日

あんまり頑張らない生活がいい

定年後とか老後とかをキーワードにした本を読んでみると、一生懸命に考え、完璧に行動することを求めているように感じます。

定年前にいくら溜めよう!とか、定年後の生活費はいくらかかる?とか。

健康のためには何々しようとか、何々はいけないとか。


syokuji_youji.png
そんなこと考えて生きてなんかいけません。

現役ではないんです

完璧に考えたり行動したりしなくっていいんです。

頑張らないでも生きていけます。



私なんて、毎日いい加減に生きています。

「いい加減」です。

いい塩梅かもしれません。


「こうしたいなあ」「ああしたいなあ」「これだけほしいなあ」「何々が欲しいなあ」という思いの6割程度を目指せば、案外気楽に生きられるものです。

完璧な生活なんてないんですから。


人によっては、死ぬまで働きたいという人がいますね。

立派な人だと思います。

でも私は違います。

65歳までに完全リタイヤしたいと思っています。

今も仕事はやってるんですけどね、週の半分くらいならやっていけます。

週に5日の出勤なんかあると、もう限界です。

家庭菜園もできないし、映画にも行けません。

旅行なんてとんでも無い。

これじゃあ、私にとって幸せな毎日とは言えないんです。


まあ、人それぞれではありますね。

そのことを意識することが大切なんだろうと思います。

そうするとね、毎日がとっても幸せに感じられるんです。

自分は自分ですから。




posted by 田沼 at 05:05| Comment(0) | 定年後を考える | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月15日

素人がいい加減にやると大失敗

夏野菜の収穫が始まっているふれあい農園。


「わき芽かき」「摘芯」というものに挑戦しました。

apron_man2-3surprise.png
トマトのわき芽かきに関しては、昨年の内に熟練したんです。

今年は小玉トマトでもやってみようと思いました。

昨年、宙吊りにして満足な収穫があったので、今年はそれ以上の収穫をもくろんだのです。


ところが、これが実に難しい。

親づると子づるの見分けがつかないんです。

わき芽と言われてもねえ。

それで、早々に諦めてしまいました。

もっと分かりやすいものはないかと探したら、ピーマンがあるではないですか。

まあ、適当に葉が茂っている下の方のわき芽を摘みましたが、これだけでは満足がいきません。

内側に茂っている枝をたくさん散髪してやりました。


随分と葉が茂っているキュウリにも手を出してみました。

次から次に葉を落としていって、下側の随分と風通りがよくなりその日は満足、満足。

翌日散水に行ったら、そのキュウリが枯れているではありませんか。

葉を落としすぎたからかな?

そんな反省をしながら、よくよく見ると主と親づるの根元から切っているではありませんか。

さあ、今から実をつけますよという勢いのつるだったんです。

その株全部をダメにしてしまったという訳です。

あんなに楽しみにしていたのに・・・です。

反省するやら、気落ちするやら・・・。


実は、カボチャでもやっていたんですから、もうどうしようもありません。

自分が「適当人間」であることを再認識させられた出来事でした。



posted by 田沼 at 05:17| Comment(0) | 家庭菜園は趣味と実益 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
以前のブログです。よかったらご覧ください!
旧ブログへのバナー
http://yumetuusunsha.seesaa.net/