2018年04月14日

忘れないためのちょっとした工夫

年齢を重ねると、ついつい忘れ物が多くなります。

悲しい限りです。

ついつい老いを意識してしまいます。


現役のころは日程表が配られていましたし、誰かがいろいろ教えてくれました。

完全定年になってからは、自分一人で行動しなければなりません。

そうなると、やっぱり忘れ物が多くなります。


sick_alzheimer_ojiisan.pngしょっちゅう無くなるのが、スマホと財布。

いつも持ち歩いているからこそ、そうなるんでしょうけどね。

車の助手席の奥に落ち込んでいたり、普段あまり使わないカバンの中にあったり・・・。

すぐに見つかるんですが、ボケへの不安がやっぱりつのります。


まだありますよ。

冷蔵庫を開けたはいいが、何を取り出そうとしたのかを忘れます。

約束を忘れて、人に迷惑をかけてしまうこともあります。

(昔からそうなんですけどね。)


知人に話すと、自分もそうだ笑っていました。

その知人は、忘れ物をなくすために何でもメモするようにしているそうです。


人との約束はもちろんのこと。

自分がいつ、何をやろうかと思ったことも、できるだけ手帳やメモに書くようにしているそうです。

実施したことも、キーワードでメモるんだそうです。


買い物の内容や人との約束、毎年行っている行事等々。

そうすることで、自分自身が意識することが一番大切なんだそうです。

「日記みたいで、反省ながら毎日生きている」とも言っていました。


そこで、私の工夫。

@ 持ち物は必ず同じ場所に置く。

決して、ちょいとその辺に置く・・ということはしないようにします。

車のキーは同じバックの同じポケットに入れるということもやっています。

A ちょっと大きめの日記帳を買いました。

手帳代わりに、なんでもメモルようにしています。

主に家庭菜園のことで、何を植えたかだとか、どんなことをしただとか・・・・。

B 自室のドアにカレンダーを貼りました。

マス目に行事等を書き込めるやつです。

そのカレンダーで毎日日付を確認するようにしています。


スマホのカレンダーにも予定を書き込み、大事な要件は30分前にベルが鳴るようにしました。


これで、老化が防げれば万々歳なんですけどねえ。

せめて、少しでも遅らせることができれば・・・・・。

な〜んて考える今日この頃です。





posted by 田沼 at 04:27| Comment(0) | シニアライフを考える | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年04月11日

集中できる時間を見つけると老化を防げる?

仕事を辞めて、完全定年になるとボーっとする時間が増えるんだそうです。

あるいは、何に対しても興味をいだかなくなるという現象も起こるんだそうです。


magnifier7_oldman.pngそういえば、思い当たることがあります。

人の名前を思いだせないことが多くなりました。

昔からそうだったんですが、他人様に興味がなくなってきました。

TVの俳優さんやたまに会う知人の名前。

思い出せないことが多いようです。

月日を思い出せないことなんてのもしょっちゅうです。


現役時代のようにいつも緊張して生きているわけではないものですから、他にも右の耳から左の耳に通り過ぎることが多くなりました。

こりゃあ、いかんですねえ。

今のところ、ふれあい農園も含めてあたふたと生きていますので、緊張したり集中したりすることが多少はあります。

まだまだ危険な状態ではないでしょう。


今後は意識的に「集中する」場、興味を持つ対象を増やしていこうと思います。


posted by 田沼 at 05:39| Comment(2) | シニアライフを考える | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年04月10日

定年したら積極的に健康診断を!

たまにしか健康診断を受けないという人がいるらしいです。

私にとっては、不思議としか言いようのないことです。

サラリーマンだったので、毎年福利厚生の一環として健康診断を受けることが義務になっていました。


俳優やタレントさんの体に重大な病巣が見つかった・・なんてTV番組がありますよね。

もう何年も健康診断を受けてなかったというコメントがよく出てきます。

私にとっては、理解不能なコメントです。


medical_igan.png
鉄は熱いうちに打て・・・というわけではないですが、早期発見こそが健康維持の秘訣でしょう。

最近は、ガンなどの重大な疾病の発見率が上がっているそうですね。

早期であれば、多くの場合ほぼ確実に完治するとも聞いています。


各自治体ごとに健康診断を促す知らせが届きますよね。

自分で連絡して、健康診断を受ける日にちを決定するあれです。

電話でもできるので、有難い行政サービスです。


それまでは勤め先で決められていたんですが、定年したら自分で申し込まなくてはいけません。

ちょっと面倒ではあります。

それでも、大切な定年後の黄金時代です。

健康寿命を延ばして、楽しくいきたいじゃあないですか。

積極的に利用しましょう。

税金で健康診断ができるんですから、ありがたいものです。


チェック箇所があったら、進んで精密検査も受けましょう。

掛かり付けの病院なら、検査も精密検査も安くなるそうです。


だって、重症化してから病院に行ったらお金がいっぱいかかるじゃあないですか。

手術したり、入院したり・・・・。

家族に心配させたり、苦労を掛けたり・・・・。

第一、自分が一番嫌な思いをします。

自分の人生です。


むかし、「病院へ行こう」という映画がありました。

楽しい映画でした。

検査で病院に行くのはいいですが、手術や入院では御免こうむりたいものです。




posted by 田沼 at 05:52| Comment(0) | シニアライフを考える | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする