2018年02月11日

福岡での大雪は年に一回でいい

お寒うございます!

日本中のいたるところで、こんな挨拶が交わされていることでしょうね。

car_winter_samui.png

福岡にも積雪があって、道路が凍りました。

家の周りは積もっていても、大通りに出れば溶けているさ。

そんな根拠もない判断のもとに、車で仕事へ出かけました。

「後悔、先に立たず」とは、正にこのことです。


大通りに出ても、まだまだ道路が凍っているではないですか。


JRの線路をまたぐ陸橋の上は、吹きすさぶ風によってしっかり凍ったままです。

だもんで、ビビりながらちょろちょろと車を転がします。

後ろに他の車が来ていないもので、せかされずに済みました。


それでも、仕事場の駐車場へは一番の坂道になっています。

もう、ギブアップです。

下の駐車場に恐る恐る止めて、緊急避難。

やっと人心地が付きました。


登校する子どもたちはというと、やっぱり元気です。

家の前の道路には、彼らの足跡が繋がっています。

もちろん、一直線ではありません。

その足跡は、あっちへ向いたり、こっちへ向いたり・・・。

はしゃぐ姿が思い浮かぶというものです。


中には、我が家の駐車場まで入って来て、車の屋根の上の雪をちゃっかりかすめていった子までいたようです。


子どもたちのために、あるいは話題づくりのためには雪が必要かもしれません。

でも、じいちゃんのためにはせいぜい一回もあれば十分でしょう。

いや、一回であってほしいものです。





posted by 田沼 at 05:22| Comment(2) | ゆる〜い絵日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年02月10日

女性は雑貨が好きですねえ

福岡県の糸島半島をめぐるドライブ。

三男の嫁主導で雑貨屋巡りをすることに。

内の奥さんに依存などあろうはずがありません。

彼女も雑貨が好きなんです。

そして、私と三男が反対を唱えるはずもありません。

二人はとてもやさし紳士です。

DSC_0098 (640x426).jpg

さて、一件目は古民家が数軒建ち並ぶひなびた一画。

スミカフェという雑貨屋さんです。

DSC_0092 (640x409).jpg

1階がカフェになっていて、2階が雑貨屋さんです。

DSC_0096 (640x428).jpg

屋根裏みたいに狭い店内で、二人はニコニコしながら品物選び。

私はというと、スタッフさんの許しを得てスナップ撮影というところです。

DSC_0097 (640x422).jpg

小窓から見える隣のお土産屋さんが、いい絵になっていました。



次は、伊都菜彩という物産館近くの民家です。

DSC_0101 (640x427).jpg

狭い店内に、雑貨がいっぱい。

DSC_0102 (640x428).jpg

スタッフさんが三男の嫁を覚えていて、話が弾んでいました。

DSC_0100 (640x427).jpg

6ケ月前の訪問だったようですが、よく覚えていたものです。

なかなか商売上手というところでしょうか。

嫁と姑の話も弾んでいるようで、まあ我が家は平穏無事と思えます。

有難いドライブになりました。


ここは早々に引き上げて、伊都菜彩へ。



posted by 田沼 at 05:56| Comment(0) | B級グルメと酒の部屋 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年02月09日

タイヤを4本交換しました

先に交換したのはいつだったでしょう?

4年前の車検の時だったかもしれません。


snow_romen_touketsu.png気にはなっていたんです。

フロントのタイヤが随分ときれいに丸くなっています。

お坊さんの頭のようです。

山間部を走る、どこかの国の車検なしのバスみたいです。



数日前「もうそろそろ換えないと、高速は危ないかなあ」と三男に聞いたら、「普通の道も危ないっちゃあないと」とのダメだし。

それでも、「そのうちに・・」なんて思っていたら、福岡にもやってきました大寒波。

凍った道路を走る時は、もう生きた心地がしませんでした。

幸いにスリップはしませんでしたが、もう我慢の限界です。


翌日には数店舗に問い合わせて、ラジアルタイヤ4本分の値段+交換費用を確認。

2万円代から5万円代まで様々です。

だいたいの相場が分かりましたので、最低値と最高値を没にしました。

電話の応対がよく、家から一番近い専門店で交換することにしました。



サイズを電話で確認してから、朝の内にいざタイヤ交換へ。

家から15分の距離です。

事前に予約していたためか、すぐに作業開始。

待合室でサービスのコーヒーを飲みながら、待ち時間は20分余りでした。



スタッフさんによると、4本とも限界を超えていたんだそうです。

丁寧な説明や明るい受け答えに信頼感が高まります。

帰り際には、次の来店を約束してしまいました。


追伸

「お土産に・・」と言って、卵のワンパックもいただきました。

車検は、この店にすることにします。



posted by 田沼 at 05:02| Comment(0) | ゆる〜い絵日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする