2024年02月28日

ナスは肥料も水もジャブジャブだって

菜園作業をしていると、散歩の途中だという人が話しかけてきました。

その人も家庭菜園が趣味だとかで、二人の話は案外弾みました。

色々話してみると、私とは考え方がいくつか違っていましたが面白い話も聞けました。






nasu.jpgその人によると、「ナスは肥料も水もジャブジャブ入れていい」そうです。

「農家によっては、田んぼみたいに水を張った中で育てている人もいる」とか。

これは初耳です。





私の菜園では、ナスは梅雨時にその勢いが一番強く、それ以後はだんだんと疲れてくるように感じていました。

一日に何本も収穫できていたのが、8月になるとピタリとダメになっていました。

8月の中旬には終了して、秋冬野菜の準備に取り掛かっていたものです。





その人曰く。

「ナスはうまくやれば10月くらいまで収穫できる」んだそうです。

眉唾に感じましたが、ネットで調べたらそうでもなさそうです。

全く同じことを言っている農業YouTuberさんが居ましたもんね。





これは朗報です。

また新しい課題が見つかって、今年の夏野菜の栽培が楽しみになってきました。

毎年、新しいことに挑戦するのはボケ防止にも役立ちそうな気がします。




追記

その人は、結局30分程話してから散歩に戻っていきました。

そのお陰で作業は進みませんでしたが、ナス栽培の新しいヒントをいただいたので「よし」と致しましょう。





posted by 田沼 at 05:49| Comment(3) | 頑張らない家庭菜園 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
>「ナスは肥料も水もジャブジャブ入れていい」
>8月になるとピタリとダメになっていました。
>8月の中旬には終了して、

概ねそうだと思います。

まず、
ナスは水と肥料を大食いします。
8月にピタリは、主に水不足だと思います。
水と肥料があっても、お盆の頃には実が少なくなります。

8月10日頃に枝をバッサリ強剪定して、実の数を激減させます。
家庭菜園であれば、実が0でも構いません。
盆過ぎには実ができ始めます。

この時から秋にかけてのナスは美味しいです。

それと、漬物にした時に皮が厚くなって、美味しいです。
(長期づけに向いています)
6月ごろのナスを長期漬けすると皮がペラペラで、中身もふにゃふにゃです。
Posted by 福平 at 2024年02月28日 23:04
今書いた数字は大まかです。
地方や品種によって、自分で合わせてください。

私の地方は滋賀県北部、品種は千両または千両2号です。
Posted by 福平 at 2024年02月28日 23:09
>福平さん
>
>ご指導をありがとうございます。
早速、今年のナスで実践してみます。
その経過は、本ブログにて。
乞うご期待というところです。
Posted by 田沼 at 2024年02月29日 00:49
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: